これは便利 NEC Life Touch Note

今まで店頭でみてもあまり気にしていなかったLifeTouchNote
モバイルギアの再来だ!と騒がれていたのも束の間、いつしか投げ売り状態になり価格.comの上位に位置する機種となりました
が、たまたま時間があり店頭で弄くり回しているとその便利さに気付いてしまったのでお持ち帰りしましたw
ストレージ容量によって2機種あり、もちろんですが内蔵8GB+SD8GBの合計16GBのLT-NA75Wで、カラーはブラウンを選びました
はっきり言ってこの機種は人を選ぶと思います
ポメラが好きな人には乗り換えるのに十分な要素が詰まっていますが、ノートPCの代用とか、タブレットとかを求めている人にとってはお勧めできません
おいらはモバイルギアは使ったことはないのですが、元々シグマリオン2やLibrettoとか小さいくて軽快に動く端末が好きなのです(Librettoは激重でしたが)
とくにシグマリオン2は名機と思っていますし、また使ってみたいと思ってしまうほど好きなのですがやはりWinCEはさすがにねぇ・・・
ということでこのLifeTouchNoteというわけです
ではでは、まずは画像から
20111028-dscf1035.jpg
色はブラウン
黒はテカテカで指紋が目立つそうです
20111028-dscf1061.jpg
厚みはこれほどあり、決してスマートとはいえない厚さを実現しました
20111028-dscf1030.jpg
液晶を開いた状態での全体像ですが、液晶のベゼルが広くてイヤですね
キーピッチありきでのサイズかと思うのですがもうちょっと考えて欲しかったなぁ
20111028-dscf1033.jpg
上部数字キーの中央部辺りがペコペコしてますw
このペコペコが無ければもっと満足行くKBなのに・・・
でも不満無くブラインドタッチが出来るサイズのこれくらいの小型KBだと、フルサイズのKBよりも入力速度が速いこともしばしばあります
20111028-dscf1047.jpg
テキスト打ちなら全然気にならない液晶ですが、動画や画像を表示させると発色の悪さ、コントラストの低さが目立ちます
しかも画面が波打っているというおまけ付きです
感圧式のタッチパネル搭載なのでマルチタッチは無理で、何をするにも多少力を入れてタッチしないといけませんが、その分誤爆は少ないです
20111028-dscf1041.jpg
もうちょっと考えて欲しかったのが筐体と液晶部分の重量バランス
これ以上液晶を倒すと液晶側にぱたっと倒れます
20111028-dscf1054.jpg
Tegra2(1GHz/デュアルコア)搭載なので動画にはめっきり弱いですw
でもLTNで1080Pの動画を再生する人なんていませんよね?
宝の持ち腐れとは云えませんが(Tegra自体がアレなので)、使用用途にしては充分以上のスペックです
20111028-dscf1055.jpg
どうせなら「モバイルギア」と書いてしまえばいいのに・・・
成り立ちは違っていて、必然的にこのような形になったそうですけどね
では雑感でも
Android2.2搭載でCPUにはTegra2(デュアルコア1GHz)、解像度は低いけど文章中心なら問題ない液晶、最長9時間(カタログスペック)保つバッテリー
インカメラはないけど、アウトカメラはきちんとありますし、GPSもBluetoothも基本的なAndroid端末に求められるものはきちんとそろっています
そしてなんといってもきちんとブラインドタッチができるキーボードを搭載していてATOKもきちんと完備しているということ(android用のATOKは購入済みですが)
機能的には必要十分な機能を持っているのでほとんどのことで問題はないでしょう
実際にこの文章もLTNから打っていますが、非常に軽快にタイピングできています
多少KBにたわみがあり、気になるところだけど、キーピッチは問題なしです
考えてみるとAndroid2.2にTegra2搭載な訳ですからスマホよりも快適動作ですよ
それに液晶の解像度がスマホより低いのがさらに軽快さを増しているような気もします
とにかくどんな操作でも快適なのです
文章入力をするにしても、キーの取りこぼしなんて全然ありませんし、フルのATOKではないにしてもATOKには違いがないわけですから変換精度もなかなかの物です
時々取りこぼし?と思える動作がありますが、そういった場合はだいたいWeb上の入力欄での入力の時に起こります
方向キーで選択していって、入力欄で入力しようとすると取りこぼし?が起こりやすいのですが、一度そこでEnterとかタップとかをしないと入力モードにならないのです
だから最初のキーを取りこぼしてしまう、っていう訳っぽいです
使いたいときにパッと開けばすぐに起動し、radikoを聞きながらネットで多少の調べ物をしてブログを更新、Twitterで呟きつつ飽きたら動画をみる
しかもブラウザはXOOMやSH-12Cより快適に動き、キーボードでのスクロールもすいすいと高速スクロールが可能
ソファーに座っているときはタブレットが便利ですが、床とテーブルの組み合わせならLTNはほとんどの場面でタブレットよりも快適です
かなりカスタマイズされているAndroid端末ですがマーケットのアプリはだいたいがきちんと使えますし、それらも軽快に動作します
もちろん不満点がないわけでもありません
何処でもいわれるのが液晶の解像度が低いのは良いとしても質がよくない!という点
45度位から見ると色が変わり、正面から見ていても発色が悪いのです
コントラストが非常に低く、とにかく液晶だけはダメです
それにタッチパネルが感圧式・・・
感圧式ということはマルチタッチに対応していないのでマップでの拡大も拡大・縮小ボタンを押すしかない始末
バッテリーは意外に保ちますがもうちょっと保ってほしいかな?と思いますし、不安でACアダプターを持ち出そうにもA4サイズのノートPCなみの大きさのアダプターにげんなり
スタンバイ状態で放置しておくと24時間で20%くらい残量が減ってしまうのも難点
完全にシャットダウンしている状態でも結構減るのでバッテリーの質が悪いのかな?
スタンバイから復帰した時のWi-Fiの接続に時間が掛かるのも困りもの(スタンバイ時Wi-Fiオフの設定)
1分位繋がらない事もしばしばあるので何とかして欲しいな
キータッチはこのサイズでは及第点ですが、キーボード自体が多少たわみます
TABキーでフォーカスの移動が出来ないのは結構困りもの
Delateキーは一部のアプリでしか動作しません(ライフノートやJota等)
液晶を後ろに倒していくと液晶側の方が重いため重量バランスの関係で倒れてしまう点もマイナス点
アプリによっては縦固定のものがあり、そういったときには縦で持つことを想定していないLTNでは苦行
OSがカスタマイズされまくっていると思うのでOSのバージョンアップが期待できない(公式にバージョンアップはしないと言っていたかな?)
とまぁ、不満点はもちろんあるのですがそれを大きく上回る良いところがてんこ盛りです
NEC入魂の端末ということですが販売不振のため2万円以下で普通に売っている端末
たぶん後継機もでないと思いますし、こんなキワモノを他のメーカーが作るとも思えないので気になる人は遊び感覚でもいいので購入してみるのも良いかもしれませんね
ちなみにポメラは要らない子になりました

MOTOROLA XOOM ACASE 紹介

XOOMは手軽に使いたいと思っていたのでTPUケースくらいにしようかな?と思っていたのですが、やっぱりケースを買ってしまったw
20111014-dscf0969-2.jpg
ほぼ純正ケース一択状態だったのですが、ちょっと変わった物が良いし少しでも薄い方が良いということでACASEのSlimタイプを購入してみました
これはXOOMに装着した状態です
蓋の止め方は端に引っかけるような感じなのですが、その際に裏のバックスキンのような生地がめくれてしまい、いつか破れてしまいそうなのが難点
20111014-dscf0971-2.jpg
装着は滑り込ませる感じでもはめ込む感じでも可能ですが、結構ぴったりと装着されてしまうので、頻繁に脱着する場合にはあまり適していないかも知れませんね
20111014-dscf0973-2.jpg
それでこちらが装着した状態のご開帳です
ご覧の通りの方向で装着するのですが、カバーを閉じてしまうと充電できないのですよ
これは純正ケースも全く同じ欠点です
Amazon.comに下部に充電用の穴が開いているケースがあったけど、日本には送れなかったし、転送まで使う気にはならなかったので妥協です
20111014-dscf0974-2.jpg
基本的には膝の上とかで使っているのであまりこの状態での使用頻度は高くないのですが、とりあえずタブレットといったらこれですね
でも、XOOMはIPS液晶じゃないですし、視野角も狭いので、この状態で動画の鑑賞とかしていると色がおかしくなりますw
ちなみに3段階に調整できますが、XOOMの形状の問題もありあまりしっかりとした固定は出来ません
特に一番寝かせた状態では、ちょっとずれるとパタンと倒れてしまいます
この状態でHDMI出力や充電が出来ないのは困る人には困るかも
20111014-dscf0978-2.jpg
反対側に折りたたんだ状態が通常に使用するスタイルです
裏地のバックスキンのような生地のおかげで滑り止めになってくれます
充電もこのスタイルで行うことになりますが、蓋が裏側に廻ってしまうので電源ボタンが押しづらいw
とまぁ、悪い点も良い点もありますが、質感は十分高く、お気に入りのケースではあります
よ?

MOTOROLA XOOM 勢いでゲット

20111014-dscf0947-2.jpg
SH-07Cでラブひなを読んでいて思ったことは、コミックに5.5インチはやっぱり小さい、ということ
コミックなら最低7インチ、出来れば10インチクラスだな・・・ということでタブレットです
お店で真剣に触ってみたらタブレットの良さがやっと判ってきたのもあります
コミックの読書ならiPad2+コミックグラスが実は最強の組み合わせなのかも知れないけど、タブレットは少しでも解像度の高い液晶を搭載した物が良いかな?とか値段の問題とか諸々で結局はAndroidのハニカム搭載タブレットに的を絞ったわけです
20111014-dscf0951-2.jpg
背面にauのロゴがあるのが恨めしい
現状で購入するならAcer Iconia A500なのですが、あのデザインが好みじゃなかった・重い・大きさが気になり土壇場でモトローラのXOOM(ズームと読む)にしちゃいました
Iconia A500よりも70gくらい軽く、サイズも小さく、ストレージ容量は倍の32GBでお値段ほぼ変わらず
機能ではセンサー類もGPS・電子コンパス・加速度センサーその他諸々と両者ともに完備していて、違いと言えば容量とUSB(形状)の差位です
Iconiaは通常のUSBがそのまま使え、しかもUSBメモリ等も認識しますが、XOOMはUSB-MicroB端子のみで、通常のUSB機器はUSBホストケーブルで変換しないといけない&USBメモリ等は通常は認識できません
ただしGPSの感度はIconiaよりも抜群に良いようです
室内でもほとんど誤差無くかなり速いスピードで測位してくれます
あとはAndoroid by AUと起動画面に出るのと背面のAUロゴがイヤなのと、あくまでもauからの販売なので3.2へのアップデートが怪しいという不安点はありますが
auはiPhoneにご熱心ですからね・・・
20111014-dscf0958-2.jpg
MicroSDHCスロットと海外の3GモデルはSIMカードスロットがあるそうです
その横にヘッドホン端子
そして買ってから気付いた液晶の質
IconiaもXOOMもIPS液晶ではないのですが、両者で比べるとXOOMの液晶の質の悪いこと・・・
45度くらい傾けるとすぐに色がおかしくなるし、通常の状態でもコントラストの低い画質
タブレットで一番大事な液晶がこれでは、ちょっと失敗だったかな?と思いつつもデザインとMOTOROLAのロゴは好きなのです
ちなみにとても大切な電池の持ちは、HDの動画を連続再生しても8時間とか持つそうなので、通常使用ならほぼ気にする必要はないでしょうね
12時間くらい持ってくれれば不満はぜんぜんないのですけどね
20111014-dscf0968-2.jpg
USB-MicroBに電源接続部にHDMI端子
下部に位置しているのでちょっと使いづらい
タブレットを使っていると、自宅でPCを起動する時間が極端に減ってしまいました
なにかしらの作業をするときはPCを起動しますけど、ちょっとした調べ物とかTwitterとかYoutubeとかならタブレットで完結できてしまうので本当に便利
外に持ち出すことはほとんどないので3Gもあまり必要としていませんけど、Wi-Fiルーターの導入をちょっと検討し始めている自分がいるw
いろいろと不満もありますけど、TOSHIBAのAT200(国内ではAT700)までのつなぎのつもりなのでこのまま使用するつもりです
今まで興味のなかったタブレットだけど楽しいな♪
20111014-dscf0978-2.jpg
背面には電源スイッチとカメラ用のツインフラッシュにステレオスピーカーが配置されています
スピーカーはiPadとかiPhoneみたいに下部にあると音がきちんと聞こえてよかったなぁ・・・
と、ここまでは購入した当初に書いた記事
ここからはつい先日の話です
使い始めて10日間ほどで壊れましたw
別にrootを取るとかそういったことはしていないわけですが、ブラウザでネットサーフィン(笑)をしてる最中にいきなり電源が落ち、以後文鎮と化しました
早速auショップに持って行きMOTOROLA行きとなりましたよ
故障率高いとは書いてありましたけど、まさかこんなに早く逝ってしまうとは・・・
きっと基盤交換で初期化されて戻ってくると思うので、環境を一から構築しないといけないので面倒だなぁ・・・

AQUOS PHONE SH-12C アンドロイドデビュー

とうとうドコモの携帯もスマホ(アンドロイド)に換えました。
これでアンドロイドとiPhoneの2台持ちになりましたが、果たしてゆくゆくは・・・?
XperiaAcroが発表された時にこれならやっと換えられる!と思ったわけです。
ワンセグは良いとして、何よりもおサイフケータイは既に無くてはならない存在になりつつあります。
そして先日発売され、売り切れ続出で入荷待ち状態になっていますが、よくよく調べてみるとAQUOS PHONEの方がイインジャネ?と気付いてしまったわけですよ。
3Dのおかげで色物扱いされてしまい、なんとなく正当な評価をされていない気がしますが、ほとんどの部分でXperiaAcroよりもAQUOS PHONEの方が良いのですよ。
画面の解像度・3D対応液晶・3D対応カメラ(普通のカメラはちょっと微妙ですが)・CPU速度・RAM容量・BluetoothのVer.・デザリング対応などなど。
ここは劣るかな?という点は、デザインと電池容量くらいな物ですよ。
ということで早速購入し、色々と遊んでいます。
20110720-dscn0671.jpg
20110720-dscn0673.jpg
iPhone4と比べると良いところも悪いところもありますが、ブラウザはAQUOS PHONEの方がさくさく動き快適です。
ただ、電池の消耗がですね・・・異様に早くて・・・ちょっと使っていると1日持ちませんw
iPhone4は体感で2倍から3倍持ちますが、AQUOS PHONEはあっという間に無くなってしまいます。
使い勝手などは慣れの問題が大きいので割愛です。
よーし、これで当分遊べるぞ−!!
ちなみに、肝心のおサイフケータイですが、nanacoが未だに対応していないとは信じられない・・・
一番使っているのがnanacoだったのになんていう仕打ち!!

僕と契約してアンドロイド青年になってよ!

青年かどうかは置いといて・・・
いつぞからガラケーなどといわれるようになった通常のガラケーとiPhone4持ちのおいらですが、そろそろDocomoのガラケーも終焉を迎えるかも知れぬ。
ワンセグはまぁ良いとして、赤外線とおサイフケータイが搭載されたらスマホに換えよかな?なんて思っていましたがその時期が来たかも知れません。
通称全部入りのスマホはXperia Acroが出ますし、アクオスPhoneも既に出ていてNECのMEDIASも二種類出ています。
検討するならXperiaAcroとアクオスPhoneですが、なにやらアクオスPhoneが3Dで面白そうですし、CPUも1.4GHzなので何かと快適そうですね。
ディザリングについてはXperaAcroは搭載されていないようですし・・・。
さくっと換えてしまいたいところなのですが、なにぶんDocomoは法人契約でして、月賦での支払いだと登記簿謄本に身分証明書に社員証か名刺が必要なんだそうですが、なにぶん社員じゃないからw
現金一括だとさくっと換えるにしてもちょっとお高めなので躊躇しますし。
うぅむ、面倒だな・・・。

pomera DM10買ったよ

20110617-dscf0491.jpg
pomera DM10を買ったよ!
ほとんど使用してないと思われるポメラDM10が4、000円強で売っていたので買ってみました。
この値段でDMC2ケース付きでしたのでかなりお得。
かなり酷使されていて10、000円とかだったら買わないですし、新品も結構高価なので新品で買うことは無かったでしょうね。
以前ハードオフでDM20の未使用品が大量に16、800円で売っているのも見ましたがまだまだ高かったので購入には至らず、ということもありました。
ポメラDM10はすでに新型のDM20とDM5が出てしまっているので旧型の機種になっていますが、あくまでも上位機種と下位機種ということでの併売なので一応現行機種です。
   
とりあえずこの文章はポメラで打っているのですが、これまた意外といいですね。
DM10発売当時にちょっとさわって以来ですが、KBも打ちやすいですし、液晶も4インチですが見やすく、コントラストも比較的高いので使い勝手はかなりいいですね。
難点としてはDELキーがちょっとだけ変則的な位置にあるので結構打ち間違ってしまうことですかね。
ほとんどBSで済ませるのであまり問題ないといえば問題ないのですが。
使いなれたATOKですし、キーピッチもぎりぎり打ちやすいサイズで問題なし。
すべてではありませんが、ATOKの機能的な制約も通常使うぶんにはあまり気にならない程度の制約のみです。
あまり多くは登録できないけど単語登録もきちんとできますし、学習機能もきちんとあるので一度入力した文字はきちんと候補の上位に出てきてくれやがります。
折りたたみKBにありがちな”たわみ”等もほとんどないですし、キータッチもメンブレン(かな?)ですが嫌いなタッチではありません。
気持ち堅めかな?という気もしますが・・・。
テキスト作成に徳化したポメラですが、なによりも電池容量を気にしないで適当にテキスト打ちができるのって結構ステキ!!
そしてさっと開いてすぐに入力が可能になる点も良いです。
そいてなによりも良いことが、完全にテキスト打ちのみなのでバックグラウンドでアプリが動いているということもないのでキーの取りこぼしやほんの少しのフリーズ等もないのが快適です。
これがネットブックだと、バックグラウンドで動いているアプリやサービスのおかげで入力したつもりが入力できていなかったり、変換でワンテンポ遅れたりしますからね。
これが皆無というだけでもずいぶんと快適です。
ただ、本当にテキスト打ちだけなので、ほとんど使用せずに手放した人も多いのでしょうね。
おいらもいつまで使い続けるかわかりませんけど、とりあえず少しの間は使用し続けてみようかと思います。
赤外線でテキストファイルを送れたら良いのにな・・・。
ファイルのやりとりだけがちょっと面倒です。
※ver1.1.0だったので何とか通常のアップデートができるのですが、どこかに転がっているかと思っていたmicroSD(2GBまで対応でmicroSDHCは非対応)がないのでアップデートできないw

iPhone4用バンパー到着

20100813-DSCF0914.jpg
先日、送り主の名前も何もない封筒が届いたので、怪文書か何かか?と思ったらiPhone4のケースプログラム(電波障害によるケースの無償提供)で注文をしていたバンパーでした。
せめてアップルと一文字でも書いてあればいいのにw
音量ボタンと電源ボタンもきちんとあり、かなり満足なのですが、微妙にでっかくなりますね・・・。
あくまでもバンパーなので、バンパー部分の厚さを除けば、裸状態と変わらないわけですが、幅が意外に増えます。
それなりに良いけど、使い勝手だけを考えたらTPUのケースの方が良いですね。<見た目はしょぼいけど
とりあえずバンパーを使い続けてみます。

iPhone4の使用感

iPhone4を手に入れてから半日程度経ちましたので、簡単な雑感でも。
まずは液晶スゲー!というのが第一印象ですね。
網膜液晶と呼ばれるRetinaディスプレーですが、解像度960×640のISP液晶を採用していて、印刷物に近い質感で表示してくれます。
今の無駄に解像度の高く、その解像度を生かし切れていないガラケー(普通の携帯のこと)も解像度が高いですが、今までの3Gと比較をしてしまうので、余計に綺麗に感じます。
同時に弄ってみたのですが、3Gの液晶がゲームボーイカラーのように感じます。(たとえが古いけどw)
Safariもストレス無く動きますし、これならサイトの巡回も苦にならないですね。
感覚的にはネットブックで見ているような感じでしょうか。
そして文字入力ですが、初期の軽い3G以上にさくさく入力できて快適ですよ。
iOS3以上では、ワンテンポどころかもっと遅く感じるまでになってしまいましたが、快適になったので文字入力が苦になりません。
日本語入力に切り替える時なんて本当に重かったのですよ。
カメラはそこそこ綺麗になりましたけど、ディテールがドロドロに溶けています。
それでもある程度は綺麗になっているので何とか使えそうですね。
裏面照射型採用なので少しは暗所性能も良いようです。
買って良かったiPhone4!!

iPhone4用ケースと保護シート

早速ですが、デジタル物をゲットした際の恒例儀式を行いました。
20100705-DSCF0744.jpg
まずは液晶保護シート張り。
とりあえずと言うことでエレコムのシートを買いましたが、本当にとりあえずになりそうです。
サイズが小さく、前面の端に隙間がありまくりんぐ。
前面カメラ用の穴の位置が悪くずれます。よって全体的に曲がっています。
ホームボタンやカメラ用の穴の縁の切り取りが悪いらしく、微妙に浮いています。
こんなに低品質な保護シート、見たことないw
20100705-DSCF0746.jpg
そして、とりあえずのケースですが、FUJIMOTO SERVICEのTPUジャケットを購入しておいてありましたが、これは以外とマシでした。サイズや穴の地位はぴったり合っていて、素材は少し弾力のある素材のため、保護という観点でもなかなか良いかもしれません。
ただし、電源ボタンが押しづらくなるのがいただけないですね。
どちらもとりあえずの物ばかりですが、液晶保護シートだけはきちんとした物を購入したら即捨てます。エレコムの液晶保護シートは最悪ですよ。