Pen FTが!

Pocket

Pen-FTを分解していますが、そこはやはり素人。
ミラー部分の調整がうまくいきません。
現状では、とりあえず光学系を綺麗にし、一部のモルトを貼り替え、ギア類の簡単な清掃と注油・グリスアップが済んだところです。
露出計の不動は、たぶんコードが経年劣化によって腐食し内部で断線しているのではないかと推測しているので、これはコードを買って半田付けすればOKかとおもいます。
どのみち、分解過程で半田部分からコードが切れてしまったのですけどね。
ついでに露出計内部のミラーやらプリズムやらも綺麗にしておきました。
光学系は少しの汚れが有った物の、ハーフミラーを除き綺麗な物です。ただ、スクリーンに1点難点が発見されました。
以前からうっすらと汚れが見えていて気になっていたのですが、この汚れはスクリーンの製造過程で入った汚れのようです。
内部にうっすらと汚れが混じっていてどうやっても落ちない物でした。
ちなみに、スクリーンの清掃にたどり着くのには、前版を外さないと辿り着けないのでかなり面倒ですよ。
一番の問題は上記のミラーユニット部分の調整です。
底蓋を開けるとコロがあり、その内部のスプリングの調整によってシャッターが切れたり切れなかったり、ミラーアップしたままになってしまったりするのですが、このコロの調整方法がわからない。
一定の位置に移動すると、巻き上げ完了→即レリーズという事になったり、一切シャッターが切れなくなったりという事になるのですよ。
数時間弄ってみても正常に動く場所がわからず難儀しています。
Pen−FT\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です