Pen-FT ファインダー清掃

Pocket

懸念事項だったPenFTのファインダーの清掃に着手です。
1.6mmのハンドプライヤーでセルフタイマーカバーを外す
2.上記内部にあるネジを外す(逆ネジなので注意!)
3.巻き上げレバーの裏に隠れているネジを外す
4.巻き戻しクランクを持ち上げると2本ネジがあるので外し、ついでにクランクも取り外す
5.軍幹部が外れますがシンクロコードが付いているので慎重に
6.シンクロコードの接点を裏側から緩めると外れます
これで軍幹部内にアクセスできるようになります。
7.露出計が3個のネジで留められているので外します
8.露出計が取り出しますが、コードが付いているので慎重に
9.この露出計ユニットに懸念のハーフミラーが付いています
10.ハーフミラーをスライドさせると取り外せます
20090819-SDIM0314.jpg
露出計ユニットを取り外した状態
ということで、ハーフミラーの清掃とファインダーの一部清掃をしましたが、やはりハーフミラーはカビによる浸食が多数あります。でも、まだましな方なのかな?
あとはスクリーンアタリにゴミと汚れが1点あるので、自分でやるかOHに出すかが悩みどころです。
20090819-SDIM0310.jpg
カビによって浸食されてしまったハーフミラー
で、露出計が動かなくなったとさ\(^o^)/
今度は露出計不動の原因を探らねばいけませぬ。
面倒だったので貼り革を剥がすことまではしたくなかったのだけど、そうも言っていられなくなりました。こうなったら、ベンジン洗浄して注油してグリスアップして全部やっちゃうか!っていう気になってきます。
「人は失敗を繰り返して成長していくのです。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です