Olympus PEN EE-3 モルト交換

Pocket

先日時間のある時にEE3のファインダーを清掃しました。
そのときの画像は無いのですが、ファインダーの清掃は楽ちんです。
軍幹部をあけるのに特殊な工具は必要ないですし、清掃もレンズクリーナーや無水アルコールで終了です。
そしてその内やろうと思っていたモルトを交換しました。
古いモルトは、無水アルコールを染み込ませ、根気よく綺麗にしていきます。もう、この作業だけで数十分掛かるわけですが、綺麗になると非常にすっきりします。
20090817-DSC02643.jpg
あとは、実寸をしながらモルトを貼っていくわけですが、フィルム室の上下は1mmちょっとくらいのモルトを切り取り、無水アルコールを付けながらピンセットで丁寧に押し込みつつ貼っていきます。初めてのモルト交換でしたけど、溝の部分は無水アルコールがないと交換不可ですね。
スプール脇は特段問題なく終了です。
ちなみに、上記3点のモルトは1.5mmのモルトを使用します。
20090817-DSC02639.jpg
EE3からかEE2からかは忘れてしまいましたが、フィルムの押さえをモルトで行う、という簡略化がされています。その為、裏蓋の端に貼るモルトは3mm厚のモルトを使用しました。薄いモルトだとフィルムパトローネが動いてしまう可能性があるので3mm位がお勧めかもしれませんね。
ということで、やっとEE3が使用可能な状態になったので、実写に投入ですぞー!
露出計の精度がわかりもしないのにいきなりポジを入れるという暴挙に出ましたけどね。
期限切れのポジなので良いのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です