モンキー未来像

Pocket

おいらのモンキー未来像をココにでも書いておこうかな・・・。
まず、モンキーはノーマルでも楽しいけど、スピードは50km/hくらいしか出ないから一般公道ではあまりにも怖すぎるし、サスペンションなんてスプリングだけ(普通はF,Rともにスプリングと「ショック」がある)だからピョンピョン跳ねる。
そんなモンキーだからこそ、プラモデル感覚でいじってまともに走れるようにするのだ!
計画としては
1.JUNのヘッド付80ccボアアップキット
2.8インチはどんなことがあっても死守すべし!
  ホイールとタイヤを8インチのアルミ&チューブレスタイヤTT100
  (ノーマルはチューブタイヤでホイールは真ん中から割れる)
3.フロントフォークに外付けショックを付けるか8インチ用のフロントフォークを取り付ける
4.ライトをちょっと明るく
5.メーターはLCDメーターのタコメーター付へ(純正交換タイプ)
6.シートはノーマルを死守すべし!
7.キャリアは外さずBOXでも付けるべし!
8.スイングアームは長くしても4cm程度!
9.ディスクブレーキは頭の中に自分の死が思い浮かぶ前に取り付けるべし!
10.折りたたみハンドルを死守すべし!
とまぁ、これくらいの計画となっちょります。
おいらのイメージはなるべくノーマルのかわいい外観を崩してしまわないことが第1条件なのだ!
ちょっと大きいモンキーも良いけど、やっぱり8インチじゃないとモンキーはかわいくないという持論があるのさ。
総じて言えば、かわいい外見にそこそこの早さと耐久性が有ればOKということなのだ!
ちなみに、マフラーに関しては純正交換タイプでマフラーガードも付けられる物が有るけど、ちょっと考え中・・・馬力で3PSくらい変わりそうだから死活問題だ!
これを目指してモンキーはだんだん進化していくだろう・・・いつの日か・・・

カテゴリーBike

“モンキー未来像” への10件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です