これは便利 NEC Life Touch Note

Pocket

今まで店頭でみてもあまり気にしていなかったLifeTouchNote
モバイルギアの再来だ!と騒がれていたのも束の間、いつしか投げ売り状態になり価格.comの上位に位置する機種となりました
が、たまたま時間があり店頭で弄くり回しているとその便利さに気付いてしまったのでお持ち帰りしましたw
ストレージ容量によって2機種あり、もちろんですが内蔵8GB+SD8GBの合計16GBのLT-NA75Wで、カラーはブラウンを選びました
はっきり言ってこの機種は人を選ぶと思います
ポメラが好きな人には乗り換えるのに十分な要素が詰まっていますが、ノートPCの代用とか、タブレットとかを求めている人にとってはお勧めできません
おいらはモバイルギアは使ったことはないのですが、元々シグマリオン2やLibrettoとか小さいくて軽快に動く端末が好きなのです(Librettoは激重でしたが)
とくにシグマリオン2は名機と思っていますし、また使ってみたいと思ってしまうほど好きなのですがやはりWinCEはさすがにねぇ・・・
ということでこのLifeTouchNoteというわけです
ではでは、まずは画像から
20111028-dscf1035.jpg
色はブラウン
黒はテカテカで指紋が目立つそうです
20111028-dscf1061.jpg
厚みはこれほどあり、決してスマートとはいえない厚さを実現しました
20111028-dscf1030.jpg
液晶を開いた状態での全体像ですが、液晶のベゼルが広くてイヤですね
キーピッチありきでのサイズかと思うのですがもうちょっと考えて欲しかったなぁ
20111028-dscf1033.jpg
上部数字キーの中央部辺りがペコペコしてますw
このペコペコが無ければもっと満足行くKBなのに・・・
でも不満無くブラインドタッチが出来るサイズのこれくらいの小型KBだと、フルサイズのKBよりも入力速度が速いこともしばしばあります
20111028-dscf1047.jpg
テキスト打ちなら全然気にならない液晶ですが、動画や画像を表示させると発色の悪さ、コントラストの低さが目立ちます
しかも画面が波打っているというおまけ付きです
感圧式のタッチパネル搭載なのでマルチタッチは無理で、何をするにも多少力を入れてタッチしないといけませんが、その分誤爆は少ないです
20111028-dscf1041.jpg
もうちょっと考えて欲しかったのが筐体と液晶部分の重量バランス
これ以上液晶を倒すと液晶側にぱたっと倒れます
20111028-dscf1054.jpg
Tegra2(1GHz/デュアルコア)搭載なので動画にはめっきり弱いですw
でもLTNで1080Pの動画を再生する人なんていませんよね?
宝の持ち腐れとは云えませんが(Tegra自体がアレなので)、使用用途にしては充分以上のスペックです
20111028-dscf1055.jpg
どうせなら「モバイルギア」と書いてしまえばいいのに・・・
成り立ちは違っていて、必然的にこのような形になったそうですけどね
では雑感でも
Android2.2搭載でCPUにはTegra2(デュアルコア1GHz)、解像度は低いけど文章中心なら問題ない液晶、最長9時間(カタログスペック)保つバッテリー
インカメラはないけど、アウトカメラはきちんとありますし、GPSもBluetoothも基本的なAndroid端末に求められるものはきちんとそろっています
そしてなんといってもきちんとブラインドタッチができるキーボードを搭載していてATOKもきちんと完備しているということ(android用のATOKは購入済みですが)
機能的には必要十分な機能を持っているのでほとんどのことで問題はないでしょう
実際にこの文章もLTNから打っていますが、非常に軽快にタイピングできています
多少KBにたわみがあり、気になるところだけど、キーピッチは問題なしです
考えてみるとAndroid2.2にTegra2搭載な訳ですからスマホよりも快適動作ですよ
それに液晶の解像度がスマホより低いのがさらに軽快さを増しているような気もします
とにかくどんな操作でも快適なのです
文章入力をするにしても、キーの取りこぼしなんて全然ありませんし、フルのATOKではないにしてもATOKには違いがないわけですから変換精度もなかなかの物です
時々取りこぼし?と思える動作がありますが、そういった場合はだいたいWeb上の入力欄での入力の時に起こります
方向キーで選択していって、入力欄で入力しようとすると取りこぼし?が起こりやすいのですが、一度そこでEnterとかタップとかをしないと入力モードにならないのです
だから最初のキーを取りこぼしてしまう、っていう訳っぽいです
使いたいときにパッと開けばすぐに起動し、radikoを聞きながらネットで多少の調べ物をしてブログを更新、Twitterで呟きつつ飽きたら動画をみる
しかもブラウザはXOOMやSH-12Cより快適に動き、キーボードでのスクロールもすいすいと高速スクロールが可能
ソファーに座っているときはタブレットが便利ですが、床とテーブルの組み合わせならLTNはほとんどの場面でタブレットよりも快適です
かなりカスタマイズされているAndroid端末ですがマーケットのアプリはだいたいがきちんと使えますし、それらも軽快に動作します
もちろん不満点がないわけでもありません
何処でもいわれるのが液晶の解像度が低いのは良いとしても質がよくない!という点
45度位から見ると色が変わり、正面から見ていても発色が悪いのです
コントラストが非常に低く、とにかく液晶だけはダメです
それにタッチパネルが感圧式・・・
感圧式ということはマルチタッチに対応していないのでマップでの拡大も拡大・縮小ボタンを押すしかない始末
バッテリーは意外に保ちますがもうちょっと保ってほしいかな?と思いますし、不安でACアダプターを持ち出そうにもA4サイズのノートPCなみの大きさのアダプターにげんなり
スタンバイ状態で放置しておくと24時間で20%くらい残量が減ってしまうのも難点
完全にシャットダウンしている状態でも結構減るのでバッテリーの質が悪いのかな?
スタンバイから復帰した時のWi-Fiの接続に時間が掛かるのも困りもの(スタンバイ時Wi-Fiオフの設定)
1分位繋がらない事もしばしばあるので何とかして欲しいな
キータッチはこのサイズでは及第点ですが、キーボード自体が多少たわみます
TABキーでフォーカスの移動が出来ないのは結構困りもの
Delateキーは一部のアプリでしか動作しません(ライフノートやJota等)
液晶を後ろに倒していくと液晶側の方が重いため重量バランスの関係で倒れてしまう点もマイナス点
アプリによっては縦固定のものがあり、そういったときには縦で持つことを想定していないLTNでは苦行
OSがカスタマイズされまくっていると思うのでOSのバージョンアップが期待できない(公式にバージョンアップはしないと言っていたかな?)
とまぁ、不満点はもちろんあるのですがそれを大きく上回る良いところがてんこ盛りです
NEC入魂の端末ということですが販売不振のため2万円以下で普通に売っている端末
たぶん後継機もでないと思いますし、こんなキワモノを他のメーカーが作るとも思えないので気になる人は遊び感覚でもいいので購入してみるのも良いかもしれませんね
ちなみにポメラは要らない子になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です