MOTOROLA XOOM ACASE 紹介

Pocket

XOOMは手軽に使いたいと思っていたのでTPUケースくらいにしようかな?と思っていたのですが、やっぱりケースを買ってしまったw
20111014-dscf0969-2.jpg
ほぼ純正ケース一択状態だったのですが、ちょっと変わった物が良いし少しでも薄い方が良いということでACASEのSlimタイプを購入してみました
これはXOOMに装着した状態です
蓋の止め方は端に引っかけるような感じなのですが、その際に裏のバックスキンのような生地がめくれてしまい、いつか破れてしまいそうなのが難点
20111014-dscf0971-2.jpg
装着は滑り込ませる感じでもはめ込む感じでも可能ですが、結構ぴったりと装着されてしまうので、頻繁に脱着する場合にはあまり適していないかも知れませんね
20111014-dscf0973-2.jpg
それでこちらが装着した状態のご開帳です
ご覧の通りの方向で装着するのですが、カバーを閉じてしまうと充電できないのですよ
これは純正ケースも全く同じ欠点です
Amazon.comに下部に充電用の穴が開いているケースがあったけど、日本には送れなかったし、転送まで使う気にはならなかったので妥協です
20111014-dscf0974-2.jpg
基本的には膝の上とかで使っているのであまりこの状態での使用頻度は高くないのですが、とりあえずタブレットといったらこれですね
でも、XOOMはIPS液晶じゃないですし、視野角も狭いので、この状態で動画の鑑賞とかしていると色がおかしくなりますw
ちなみに3段階に調整できますが、XOOMの形状の問題もありあまりしっかりとした固定は出来ません
特に一番寝かせた状態では、ちょっとずれるとパタンと倒れてしまいます
この状態でHDMI出力や充電が出来ないのは困る人には困るかも
20111014-dscf0978-2.jpg
反対側に折りたたんだ状態が通常に使用するスタイルです
裏地のバックスキンのような生地のおかげで滑り止めになってくれます
充電もこのスタイルで行うことになりますが、蓋が裏側に廻ってしまうので電源ボタンが押しづらいw
とまぁ、悪い点も良い点もありますが、質感は十分高く、お気に入りのケースではあります
よ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です