そろそろ自炊の時期かな?

Pocket

自炊と言っても料理じゃなくて電子書籍の自炊ですよ
我が家にはコミックがたぶん400か500冊くらいに文芸小説も100冊くらい、ラノベも普通に読むので200冊位埋蔵されているわけですが、やはりだんだんと収納に困ってきている今日この頃です
本を読むのはいつでも読んでいるワケじゃなくてけっこう波があり、読む時には一気に10冊以上は読むのに読まない時はとことん読まないので積み本がドンドン増えていくのです
ちなみに小説では京極夏彦なんて分冊化文庫本じゃないと外で読めないし、家で読むにしても難儀します(持っているのは凶器としても使える方です)
ラノベだったらその内読みたいと思っている境界線上のホライゾンなんて京極夏彦に負けず文庫本と言うよりは凶器ですからねw
こういった分厚い物はスマートに読みたい
そこで以前ちょっと考えた電子書籍化ですね
裁断機で裁断してからScanSnap S1500にて連番jpg化もしくはPDF化して、ChainLPにて最適化という行程になります
青空文庫を使用したりして試しに変換してみましたがこれまた結果が良好だったのです
本当はきちんと電子書籍として購入して作者に還元したいのですが、今の日本の電子書籍事情は最低ですから
各社でサイトを乱立させて権利関係もぐちゃぐちゃなために電子化されている書籍なんて一部です
しかも値段が高いので全然メリットが無く、それだったらやっぱり自炊の方がDRMとか気にせず使用できるのでメリットが大きいんです
ということで再度電子書籍を導入するか検討中です
こうなると一気に電子書籍リーダーが欲しくなるのですが、ちょっと待て!今は時期が悪い!となってしまうわけです
Kindleは4の話が出てるしReaderにしても10月頃に新型が出るようで(日本では正式発表が無いけど)、旧型のReaderにしても8月でキャンペーンが終わってるし・・・
どうしたもんだか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です