【大判】HORSEMAN 45FA 購入

Pocket

二眼レフにはまる前ですけど、たまたまリサイクルショップでホースマンのウッドマン45のかなり古い物を見つけたことがあり、真剣に購入を考えたことがありました。
でも色々と考えていたり、ウッドカメラではなくやはりメタルが良いかな?なんて考えている間に売れてしまいました。
その後二眼レフを買い集めていたわけですが、良い出物を見つけてしまったので勢いで買ってしまいました。
ホースマン45FAです。
外観の傷はほとんど無く美品状態。
レンズはTOPCOR 150mm F5.6付きです。
大判は中判以上に値崩れが大きく、ボディーはまともな物なら5万円位から。
レンズは数千円からあり、それなりの物でも3万円位。
その他にカットフィルムホルダーやルーペ、冠布やきちんとした三脚、レリーズケーブルなど必要な物が沢山あり、何かと出費が大きくなります。
その他にもフィルムが10枚で3,500円くらいからなので単価350円ですw
機材はそれなりに安価に揃えられてもランニングコストが掛かりすぎですが、その分写りは素晴らしい物がありますね。
試写してみるのが非常に楽しみです。
はまったらリンホフかな・・・
20110709-dscn0596.jpg
フィールドカメラなので弁当箱みたいな外観をしています。
メタルフィールドカメラにしては軽量コンパクトです。
20110709-dscn0597.jpg
びよ〜んと蛇腹を伸ばした状態ですがまだまだ伸びます。
20110709-dscn0600.jpg
20110709-dscn0604.jpg
二眼レフは左右のみ逆像ですが、大判は上下左右が逆になります。
冠布とかカブリとか呼ばれる布を頭からかぶる場合はこの状態が良いですね。
20110709-dscn0603.jpg
冠布がかぶれない時はこの状態で何とかします。
ピント確認にはピントルーペを使用して厳密なピント合わせをします。
20110709-dscn0607.jpg
アオリ・ライズ・チルト・シフト等、機能は一通り揃っています。
20110709-dscn0593.jpg
大判の良いところはレンズが他のボディーでも使い回しが出来るところです。
レンズを取り付けるボードを交換すればほとんどのボディーでレンズが使い回せます。
ホースマン45FAはホースマン8cm×8cmのボードを使用しますが、非常にボードが小さく、また後玉が大きいレンズや300mmのレンズは使用できません。
300mmが使いたい場合はテレタイプのレンズが必要になります。
大判は素晴らしいメカメカしさなので弄っているだけでも楽しいです。
試写が非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です