XBOX360 Kinectを少々

Pocket

20101122-DSCF1225.jpg
11月20日に発売されたXBOX360用Kinectとそのソフトたち。
MSKKが色々と宣伝をしているようですが、一般の認知度は皆無でしょうし、ゲーマーも微妙な物だと思っていたでしょうね。
そういうおいらも微妙だと思いつつも興味があり、新型箱○250GB同梱版を探していましたけが、主要なネットショップでは売り切れ状態だったものの、店頭で余裕で購入できたのでついつい購入。
全体的に250GB同梱版は品切れのようですけどね。
ちなみに、旧型はUSBで接続し、そのほかにACアダプターが必要になりますが、新型ならケーブル一本で接続できるので楽ちんですよ。
その上新型は一つ前のエリートと比べても断然静かになっていて、現在のPS3並の静粛性となっています。
設置は多少こつがいり、出来れば1.8mほどKinectから離れた方が良いようです。
ただ1.5m位でもどうにか認識してくれていますが、狭い部屋だとちょっときついかもしれませんね。
理想はキネクトセンサーに頭から爪先までを認識できる距離が良いですが、入っていなくてもどうにかなります。
接続して電源を入れるとKinectが自分で上下に動いて空間を認識しますが、これがお辞儀のようで可愛いw
あと、Kinectセンターというダッシュボードの機能があるのですが、ここでKinectIDというのを作った方が良いです。
いまいちわかっていないけど、たぶんタグとひもづけているんだと思います。
KinectIDを作ると個人を認識して、勝手にログインとか色々としてくれちゃいます。
肝心のKinectですが、こりゃ凄いの一言です。
MoveはMoveで凄いのですが、Kinectは確かに全身がコントローラーですね。
そしてボイスコマンドも認識率が凄いです。
真偽はわかりませんが、何でも指向性のマイクが4個も搭載されているとか・・・!
ぼそっとつぶやいただけでもきっちりと認識してくれます。
20101122-DSCF1221.jpg
※ケースの色が紫ですが、お米の国では一般的な色だとか・・・。
肝心のソフトですが同梱のキネクトアドベンチャーとダンスエボリューションがあります。
キネアドは障害物をよけたり、ボートに乗ったりとかそういった簡単なゲームですが、Wiiとは比べものにならないくらいの出来です。
ジャンプは実際にはジャンプしなくても認識されますが、手なんて手の握り方まできちんと認識してくれます。
もちろんポーズをとるとそのポーズになるので、ついついジャンプ中に変なポーズをとり、それがそのまま写真にw
しかも白Tシャツにスエットというw
キネアドは認識に多少の遅延があるのですが、これがなければ100点満点です。
慣れてしまえばそれほど気にならないのですけど、急いでいるときはちょっと気になります。
ダンスエボリューションですが、これは素晴らしい出来ですよ。
ゲーム自体に、練習モードがあった方が良いかな?と思うところはありますけど、それ以外の不満はほぼありません。
ダンレボの足だけとかではなく本当に全身を使ったダンスです。
正確な振りをしないと手の位置のせいでGoodになってしまったりしますし、足の動きもきちんと認識してくれ、全身で踊らないとエキスパートは無理です。
ライトあたりなら、要所要所の得点に関係する箇所だけ認識させればいけますけど、エキスパートはその得点に関係する箇所が振り付けのほとんどになるのでちゃんと踊らないとクリアーできません。
とりあえず2曲くらいはエキスパートでAまでいけましたけど、AAAなんていつになったらいけるのやら。
ダンエボでは、自分の踊った姿を次回の同じ曲でゲーム画面内に写すことが出来ますけど、これは恥ずかしい。
キネアドと同じ白Tシャツにスエット姿が踊っているのは正直凹みますw
昔のおいらならまだいいけど、今のメタボ状態ではハラが気になって気になって。
ちなみに、顔を隠したりする設定もあるので、これで多少は緩和できますけどね。
特にダンエボですが、30分も遊んでいれば汗だらだらです。
ダイエットにも良いかもしれない!?
ということで、簡単にKinect関係をレビューしましたけど、微妙なアイテムと思わず、騙されたと思って体験してみてください。
■Wiiは振るだけ
■Moveは細かい動作を正確に早くトレース
■Kinectは全身で表現
総括するとこんな感じですが、MoveとKinectを体験しちゃうとWiiのこういうゲームはアホらしくなります。
Wiiで自分の思い通りに動かない苛立ちが無いのが素晴らしい。(WiiはWiiで好きですけどね)
持ってて良かったXbox!!(といっても本体は増量ですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です