α55とα33の素人解説

Pocket

20100827-a55.jpg
少し遅いけど、ソニーが面白いカメラを出してきましたね。
α55とα33です。
以前から噂されていたペリクルミラー搭載のデジ一ですよ。
普通の一眼レフはミラーに反射した像を光学ファインダーで確認して撮影します。
その反射した像の一部を位相差AFの為に使用しているわけですが、この位相差AFのおかげでAFが高速に反応し、動体でも高速なAFが可能です。
撮影の際にはミラーがアップして、映像素子にレンズから受けた像をあて、撮影するわけです。
対してコンデジやm4/3、NEXなどは映像素子で受けた像のコントラストが一番高いところに合わせてAFを行うのですが、その処理方法でAF速度が変わり、結果、動体でのAFは非常に遅く使い物にならないわけです。
こちらはミラーが無いのでコンパクトに出来ます。
そして昨今ではデジ一やコンデジ、m4/3等での動画が普及してきたわけですが、こちらのAFはどれもがコントラストAFを使用しているためAFの追従速度は遅くなりがちです。
そこでソニーが出したα55とα33な訳ですが、ミラーをハーフミラーのような物にし、像を透過できるようにしてあります。
像の一部を映像素子に当て液晶画面に表示させ、ミラーで多少反射している像を位相差AFの為に使用します。
こうするとライブビューを行いながら位相差AFが使えるわけでして、ミラーアップ等が無いために動画でも高速な位相差AFが使えるわけです。
サンプル動画を見て貰えばわかりますが、AF速度はGH1やNEX等と比べものにならないくらいに早くて、その上α用のレンズが全て使えて、なおかつその全て(STF等は除きますが)で動画でのAFが可能になるわけです。
その弊害とも恩恵ともいえるのですが、ファインダーはEVFになり、背面液晶と同じ動きをするわけです。
EVFはG1で使用したこともありますが、静止画には実用的。たぶん動画も実用的だと思いますが、動体の静止画撮影ではタイムラグが発生するので少々使いづらいです。
ただし、表示されている映像がそのまま撮影でき、撮影した画像の確認もEVFで行えるので、続けて撮影するときにはなかなかの使い勝手です。
ということでα55とα33のちょっとした解説でした。
購入は、NEXとα900で満足しているのでたぶん無いかと思います。
コシナからm4/3用の25mm/f0.95のレンズが発表されましたね。
ボケの量としては50mm/f1.4程度になるのかと思いますが、それでも明るさはf0.95ですから夕方程度の撮影に威力を発揮しそうです。
でも、焦点距離25mmはどうあがいても25mm。
25mmで撮影した像の一部をトリミングしている訳でして、正直もったいないなぁ、と思ってしまいます。
どうせだったらnokton 50mm/f1.1をf0.95にして欲しかったぞ。
そして待望のヘリアークラシック75mm/f1.8も発表です。
中望遠程度のMマウントレンズが以前から欲しかったのですが、これはピンピン来ていますよ!
発売直後かどうかわかりませんが、これは行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です