液晶モニター 総入替 DELL U2711編

Pocket

ふと思うところがあったので、液晶モニターを総入れ替えしてみました。
今まではゲームでのトリプルモニターのために20,1インチの3画面で過ごしていましたが、PCゲームをほとんどやらなくなったことや、いい加減HDCP対応やワイド画面、高解像度、HDMI対応、ディスプレーポート対応の液晶が欲しくなってきたのがふと思うところだったのです。
第二弾もあるのですが、第二弾の方はまだ到着していないので掲載せず。とりあえず第二弾のモニターは変態モニターです。これだけでわかる人にはわかるかも。
20100709-DSCF0753.jpg
でっかい箱です。
で、第二弾は変態モニターのため、第一弾は通常使用のまっとうなモニターです。
よってDELL U2711です。
27インチの2560×1440というなかなかの高解像度で、通常使用にはもってこいの液晶ですね。
以前はDELLの30インチの解像度2560×1600の液晶を真剣に考えたことがありましたが、店頭でMacの30インチの物を試用して見た限りでは画面が大きすぎて、端を見るのに振り向かなければいけないほど大きく、疲れそうだったので止めた経緯があります。
高価だったために断念したんですけどね、とも言います。
アスペクト比が16:10ではなく16:9になってしまうのが残念なのですが、十分な解像度に上質とまではいえないけど要求は満たしてくれる品質のIPSパネルを採用していて、そしてお値段55,800円で購入できたのでポチッとしました。
購入に関しては法人名義での購入ですけどね。
入力も豊富にあり、設定関係も一通り不満が無くできるようなので、現状ではベストバイといっても過言ではないかもしれません。
惜しむらくはLEDバックライトではなく、その上消費電力が意外とある点くらいです。
そしてDELLの伝家の宝刀ギラツブ液晶という点でしょうか。
でも、このお値段でこれだけの質の液晶なら全然気になりませんけどね。
20100709-DSCF0763.jpg
設置した状態。左側は暫定設置の20.1インチUXGA液晶。
さて、今まで使用していたゲームPCにWindows7をインストールして、通常に使用するPCにするべく作業を進めていますが、こちらはメインPCの引っ越しのため時間が掛かりそうです。
そして予想される問題は、DVIのデュアルリンクで接続しないといけないために発せする問題。
それは、PC切替機のcorega CG-PC4UDAがDVIのシングルリンクにしか対応していないと言うことです。
切替機の替え時かなぁ、と安易に考えていますが、これがまたきちんとしたやつは実売で3万円程度なので非常に高価なのです。
ふぅ・・・。

カテゴリーPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です