PS MOVEが予想外の出来で素晴らしい

20101025-move.jpg
先日発売されたPS MOVEですが、前日まで発売日すら知りませんでした。
たまたま寄ったお店でフライング販売されていたので発売を知りましたが、そこでは購入せずに翌日ヨドバシにてほぼ衝動買い。
バイオ5AEパックとスポーツチャンピオンで1万円ほど。
はっきり言って期待していなかったのですよ。
Wiiのマネだし、Wiiスポもあるから・・・なんて思っていたおいらが全く持って間違っていました。
またSONYはこんな物作って・・・なんて思っていました。
本当にごめんなさいです。
期待以上の出来で素晴らしいです。
PS MOVEに色々なセンサーが入っているのですが、それ+PS EYEからの入力によって、Wiiでははっきり言って振るだけだったのですが、PS MOVEだと色々な動きが高精度に認識されて、かなり正確に動くのです。
遅延もWiiとは比べものにならないくらいで、ほとんど無いと言っても良いくらいです。
フリスビー一つとっても、MOVEなら思い描いたところに飛んでいき、カーブも自由自在ですが、Wiiでは思ったところにいかない。
卓球では、MOVEは色々なテクニックを使って本当に卓球をやっているような錯覚になりますが、Wiiはただタイミングを合わせて振っているだけ。
いままではWiiで満足していましたが、MOVEに慣れるとWiiの精度と反応の悪いこと。
こう予想外に出来が良いと、他のソフトも気になりますね。
MOVEに対応したMAGも気になりますし、これから発売されるであろうソフトもですが、定期的に出続けることを祈ります。
ちなみにWiiの卓球は数分で飽きましたが、スポーツチャンピオンの卓球は2時間やっても飽きませんし、しかも汗をかいて卓球してましたw
そして初級を優勝したときの変なガッツポーズが消せないw
そのうちもう1本のMOVEとナビゲーションコントローラーを追加予定ですが、MOVE単体を買うならスターターパックがお得(1,000円ちょっとでソフトとPS EYEが同梱)なのですが、PS EYEが4つになってもねぇ・・・。
※内訳 EOJのEYEが2個・バイオ5AEパックのEYEが1個+新規に買ったら合計4個
こうなってくるとキネクトもちょっと気になる

DLゲーム セール情報

SteamにてBatman Arkham AsylumのGOTYが$13.6にてセール中ですよ。
日本ではPS3とXbox版が発売されていますが、PCの日本語版は存在せず。
意外とバットマン好きーなおいらには、体験版をプレイして購入を検討していたのだけど、そのまま購入せず放置している状態でした。
優先順位がそれほど高いわけでもなかったのですけどね。
そこにきて一時期日本から購入できなかったSteamでの同タイトルの販売ですが、いつの間にかGOTY版になり日本からも購入できました。
しかも$13.6ですから、1,000円くらいで購入なり。
レビューサイトでも評価が高く、実際に体験版でプレイしても楽しい物でしたのでお勧めですよ。
購入するならお早めに。
しかも融資による日本語化が既に完了していたとは!
何というタイミング
本当に翻訳作業に携わった人たちには感謝ばかりです。
PC版のみ(当然ですが)PhysXに対応しているので、持ってて良かったGeForce!!という事になります。
これがあったからnVidiaを買ったわけですからね。

GTX480 取り付け完了

20101020-DSCF1116.jpg
懸念されていた電源ですが、BlogをさかのぼってみるとSeasonicのM12で700wありました。
そしてPCI-Eの6pinの出力が4本あり、2本のケーブルから2本づつの計4本という構成でした。
オウルテックのサイトを見るとPCI-E 8pinのケーブルが付属と記載してあったのですが、なにぶんおいらのは初期の物なので付属されていないようでした。
そこでヨドバシに寄ってみたらこの8pinのケーブルが売っていたので無事接続完了です。
持ってて良かったまともな電源!!
ちょっと気になっていたボード長ですが、8800GTXと比べると同サイズ(上の画像参照)という事はわかっていたのですが、実際に取り付けてみると厚みがちょっと問題にw
HDDが干渉していたので1台ほど移動させ、サウンドブラスターも熱が怖いので下の方のPCIに接続しました。
以前のドライバーをアンインストール
セーフモードで再起動(Windowsの変なバーが出ているときにF8でメニューに)
ドライバークリーナー(Guru3Dのやつ)で旧ドライバーを完全削除
GTX480を取り付けドライバー導入
という手順で取り付け完了。
FF14のベンチはHighでもぬるぬると動いていてちょっと感動しましたけど、CPU依存度の高いFF14ベンチではHighで2700程度のスコアしか出なくてガッカリ。
やっぱり物によってはC2DとPCE-E 2.0に対応していないことも大きいかと痛感。
実使用では、Oblivionもかなりぬるぬるになりましたけど、データの読み込みでカクカクすることしばし。このカクカクは致し方ありませぬ。
でも、設定はAAは使用しませんけど、その他の設定はかなりの高設定でもぬるぬるで快適になりました。
Lightgrassとか入れていない草も、沢山生えています。
DragonAgeは最高設定で40fpsから50fps強といったところです。
F1 2010は時間が無く試していません。
ちょっとfpsが低い気もしますが、2560*1440という解像度と言うことはお忘れ無く。
1920*1080とか1920*1200だったらGTX460とかでも良かったのですが、高解像度での落ち込みが少ない物が欲しかったのでGTX480にしたわけですからね。
懸念されていた温度はGPU-Zで確認するとFF14ベンチ1回では最高88度程度。
それでもFANのスピードは60%程度で収まっていましたが、この状態での騒音は全く気にならない程度ですね。
8800GTXは長時間ゲームをしていると結構な音がしていましたけど、果たして長時間使用したときの騒音はどうなのか?
エアフローになるべく気を遣っているけど、基本的には密閉型のケースでエアフローがあまり良いとはいえない状態で、熱は大丈夫なのか?
ちょっと心配です。

SONY BRAVIA HX800 46インチのその後

20101020-DSCF1093.jpg
BRAVIAのHX800を少しの間使ってみての感想です。
■動作について
もっとさくさくと動くのかと思っていたのですが、全体的にもっさり感がありますね。
chの変更ではそれほど無いのですが、番組表を開くときとか、入力切替とかでもっさりを体感できます。
あとは電源onでのもっさり感が一番ひどいですが、これは設定で素早く起動できるようになるようですが、時間帯を指定したりしないといけません。
それに伴い、その時間帯での消費電力はUPするわけです。
■画質について
SONYらしいというか、全体的に鮮やかな発色をしています。
自然とは言い難いかと思いますが、TVならこういう発色でも良いのかな?と思えますね。
4倍速のモーションフローはなかなかの物ですね。
■音質について
以前の初期のプラズマWoooと比べるとガッカリ音質。
スピーカーのスペース的に厳しいので仕方ないのですが、低音スッカスカです。
この音質だけは、スペース的な物と、どれだけまじめに作るかとか、色々なメーカーの思惑があり、見た目にこだわっているTVでは総じて悪いですね。
■接続性について
正面から見ると背面の左側に端子類が密集しています。
困ったことにコンポーネント端子が無いのが不便なんですよ。
コンポーネント=D端子なので新たにケーブルを買うのなら問題ないのですが、今までほとんどの機器でコンポーネント端子を使用していた身としては、D端子しかないのが意外に困った。新たにケーブルを購入しないといけないので。
HDMIは4個あるので問題なしで、ARCに対応しているのはHDMI-1のみです。
ただし、現在のアンプはHDMIに対応していないのでOptical接続です。
でも、TVにHDMIで入力した音声(DollbyDigitalとかDTS)がOpticalから出力でき、それをアンプに接続できるので、あまりこだわらなければAVアンプは音だけ(映像はいらない)でも良いのかな?という気もしますね。
いやはや便利便利。
■ゲームでの遅延とかについて
BRAVIAのゲームでの遅延はそこそこあるらしく、初液晶TVのおいらとしてはその部分がかなり気になっていました。
「まぁ、いいや!」とおもってHX800を買ったわけですが、使ってみるとあまり気にならない物ですね。
音ゲーもやってみましたが、遅延は気にならず普通にプレイできていますね。
ただし、遅延に関しては個人差が非常にありますので気をつけてくださいね。
残像はモーションフローを切るとちょっと気になりますが、あまりシビアでないゲームの場合はモーションフローもONのままなのであまり気にしなくても良いのかな?とも思いますね。
それにしてもやっぱりHDMIでのDot by Dotでの表示ははっきりくっきりで綺麗ですね。
細部の表示はもちろんですが、ぱっと全体を見たときの情報量であったりくっきり感とかは以前のD3接続のWoooとは全く違います。
高解像度はPCで体験済ですけど、TVの物はまた違いますから感動もまた違いますね。
20101020-DSCF1097.jpg
部屋で掛けているとかなり場違いw
■3Dについて
3D眼鏡を使用しますが、3D感はかなりの物ではないかなと思います。
現状だと3Dコンテンツがほぼ無く、おいらの試せる状況はPS3ゲームの一部のみ。
ワイプアウトHDとスターストライクHDは元々購入済だったので更新して3Dでプレイ。
ワイプアウトは3Dの恩恵はそれほど感じないのだけど、スターストライクHDは3Dとの相性が抜群ですね。
元々ステージが球体なので非常に立体感があり、爆発の際の飛び出し感もかなりの物です。
散々言われていますが、ゲームと3Dの相性は抜群ですね。
これで延期されたGT5の楽しみもさらに増えるっていうもんです。
イメージ的にはどうしても液晶のベゼル(枠)から奥に箱庭がある感じになってしまうけど、46インチくらいになると箱庭感も少しは薄らぎますね。
ちなみに、多少暗くなりますが、現状ではこれが限界なんでしょうね。
あと東芝の裸眼3DTVですが、アレはまだ課題が多いので、当分は3D眼鏡方式でしょうね。

CONTAX G 用レンズ数本他

20101020-DSCF1108.jpg
いつもふらふらと寄っているリサイクルショップにてCONTAX G用レンズ数本とG1をゲット。
内訳はG1とフラッシュとケース+Planar45mm/f2、Biogon28mm/f2.8、Sosnnar90mm/f2.8なり。
全てフードとフィルターと前後キャップ(フード用ではない)にケース付きのセットです。
お値段3万円とちょっと。
外観はそれなりに綺麗でなかなかの物だけど、Planarの前玉にちょいとカビがあるのに気づかなかった。
一応綺麗にしたけど、それでもコーティングにカビ跡が残っちゃったので非常に残念です。
でもPlanarは綺麗な物を持っているのでそれとリプレイス。
Biogonはジャンクを持っていたので、ジャンクを売却。
NEXで使用しようかな?とも思っているけど、やっぱり売却しちゃおうか?とも考えています。

GTX 480 購入完了

20101020-DSCF1110.jpg
HD6XXXシリーズの発表間近(もしかしたら数時間)なのにビデオカード買ってきました。
さすがに、これから型落ち→価格改定コンボのRadeonは買いませんでしたけどね。
色々と悩んで、GTX470を買うつもりが結局店頭に行ったらPalit GTX480を買っちゃったわけです。
本当はPalitのツインファン搭載のGTX470が良かったのですが、やっぱりどうやっても470と480には超えられない壁が存在していたので・・・。
数年前のC2D環境にGTX480なので釣り合わないのですが、個人的な考えではその時のかなりの性能の物を購入して、数年で買い換えの繰り返しなのでやっぱりこれで正解?
さて、問題もあるわけですけど、600w電源できちんと動くのか?その前に8pinあったっけ?という非常に重要な疑問がぁ!!
そしておいらのGTX480もそのあまりのファンの騒音で離陸寸前になるのか?
まさか、エアフローが悪くて発火なんて事に!?
これからの時期、本気で暖房代わりに良いかもしれませんね。
意外とエコなGTX480!!!! ※1
※1 PCと暖房機器(電気ストーブ)よりはPC1台で暖房代わりになった方がエコという勝手な考えに基づいています。

SONY NEXのFWが公開される

やっとNEXのFWが公開されましたね。
色々と使い勝手が良くなり、今まで以上にNEXの出番が増えそうなのですが、マウントアダプターのAF対応は恩恵がないのが寂しいな。
マウントアダプターでのAF対応は結構熱望していたのですが、現状ではSSMとかSAMのレンズを一本も持っていないので一切意味無しです。
もし使えたとしても、そのうち買うかもしれない85mm/f2.8が対応しているくらいです。
まだFWの更新をしていないので、使い勝手がどの程度向上したのかわかりませんが、かなり期待です。
参考URL
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101014_400031.html

久しぶりにビデオカード考察 in 2010年の秋

なんだか最近は疲れてしまっていてなかなか本格的な更新が出来ない状態が続いています。
疲れていると言っても仕事ではなく、ただたんにゲーム(レッド・デッド・リデンプション)で夜遅くまで起きていて眠いとも言いますが!
ゲームも1タイトルだけじゃなく色々な物が手元にあり、Diablo2 Battle ChestからF1 2010のSteam版やら、Dirt2だったり、DragonAgePC版やらFallout3 GOTYのPC版とXbox版があったり、Left4DeadがあったりマスエフェクトがあったりSacred Goldがあったり云々でとっても時間がありませんw
そのほかにもCrysisだったりサボターさんだったりNFS Shiftだったりで沢山あるのですが・・・。
しかもOblivionも久しぶりにMODを入れたりしていたらやっぱり面白くてはまってしまったり。
その中でもメインでプレイしているのは
XBox版 レッド・デッド・リデンプション
XBox版 Sacred2
Win版 Oblivion
Win版 バーンアウトパラダイス アルティメイトボックス(E)
Diablo2 (今更ながらシリーズ初プレイ)
という構成です。
CSもありますが、Winも沢山あり、そうなってくると問題になるのがビデオカードなんですよ。
C2DのE6600@3GHz+8800GTXじゃさすがに厳しいものが多く、しかも27インチの液晶でのHD以上の解像度ですからそりゃ重くなるってもんですよ。
PCの構成を一気に変えるのは現状では無理なのでビデオカードのみと考えているのだけど、これがまた悩みまくっていて決定できない。
HD5870はもうすぐ6xxxxシリーズが出るので待った方が良いけど、出ても高い。
GF480も良いとおもっているのだけど、消費電力と音で躊躇している間に41,800円のカエルのやつが売り切れる。
GF460のOCモデルもなかなかだけど、高解像度の高負荷だとどうしてもパフォーマンスが落ちるので、やっぱりそこはハイエンドあたりが欲しくなるのが人情です。
それならGF470が26,800円であるからとも思うのだけど、中途半場だなーと
CPとかを考えるとモデル末期のHD5870が新品33,800円程度であるのだけど、6xxxxシリーズのパフォーマンスも気になるし、GFシリーズの独特の機能(Physics)とかが無くなるのがちょっと・・・
だったらGF460かな?とも思うけど、どうせ変えるならハイエンドに。
こんな感じで堂々巡りをしていていつまで経っても決まりません。
ゲームの内容としてはD&Dシリーズ(AD&D)とかハック&スラッシュのゲームって言うのは意外と性に合っているかもしれない。
UOは以前やっていましたが、やっぱりMMORPGはなかなか疲れるので止めましたが、一人でちまちまやっているゲームも面白いですね。
そうなってくるとバルダーズゲートが欲しくなるのですが、なかなか手に入らないので「たのみこむ」で「バルダーズゲート完全版の再販」を頼んでみた。
とてもニッチな製品な訳で、まず再販の希望は無いだろうけど、それでも行動はしてみるべきかな?と思ったので、これを見た人は参加してくれると助かります。
※FF14はあまりにもガッカリな内容だったために、現状ではプレイしないことが決定しました。
※FF11ですが、長きにわたりアカウントを保持していましたが、とうとう先日解除しました。
今更いるかわかりませんが、おいらのサイトにあるLSのFF11コンテンツを引き継いでくれる人がいたら引き継ぎをお願いします。このままで良ければ容量的に影響のない程度なのでそのまま当分の間保管しておきます。

3D対応TV購入完了

6年か7年くらい使用した日立のプラズマWoooが先日ご臨終されましたので、早速TVを物色したというか買ってきました。
物色自体は以前からしていたので最終決断をしたともいいますけど。
購入したのは3D対応のSONY HX800の46インチですよ。
トランスミッターと3Dグラス(眼鏡)も同時にゲットですが、トランスミッターとTVは月曜日着です。
42インチのプラズマWoooは50万円で買いましたけど、今は46インチ近辺で20万円周辺ですから安くなりましたね。
それにしてもWoooの50万円は高かったんだなぁ〜
これでD端子とかコンポーネント端子とかのアナログ端子から解放され、PS3のDVD再生でのアプコンがきちんと使用できるようになるのが何よりうれしいぞw
詳細は到着後。