Leica M3 をブラックペイントに・・・

なんだかんだでM3をブラックペイント(後塗り)にすべく、物を送ってしまいましたw
いやいや、ブラックペイントは前から興味があって結構調べていたのですが、この度とある業者さんに問い合わせて画像を見てしまったらもう駄目でした。
通常仕上げではあまり艶は無いのですが、オリジナルに近いペイントにすると見事な艶なのですよ。
ポリッシュ仕上げのような艶々では無いけど、ちょうど良い艶で素晴らしい。
各部の傷・凹み等も鈑金で直してくれるそうなので、新品のような状態になって戻ってくることを待っています。
ちなみに、あまり不具合は感じなかったけど、長いことOHしていない個体だと思うので、OHも一緒にですよ。
仕上がりも良かったらPenFTもブラックペイント+OHしちゃおうかな・・・。
※下のとおりの状態ですしね・・・。

Pen FTが!

Pen-FTを分解していますが、そこはやはり素人。
ミラー部分の調整がうまくいきません。
現状では、とりあえず光学系を綺麗にし、一部のモルトを貼り替え、ギア類の簡単な清掃と注油・グリスアップが済んだところです。
露出計の不動は、たぶんコードが経年劣化によって腐食し内部で断線しているのではないかと推測しているので、これはコードを買って半田付けすればOKかとおもいます。
どのみち、分解過程で半田部分からコードが切れてしまったのですけどね。
ついでに露出計内部のミラーやらプリズムやらも綺麗にしておきました。
光学系は少しの汚れが有った物の、ハーフミラーを除き綺麗な物です。ただ、スクリーンに1点難点が発見されました。
以前からうっすらと汚れが見えていて気になっていたのですが、この汚れはスクリーンの製造過程で入った汚れのようです。
内部にうっすらと汚れが混じっていてどうやっても落ちない物でした。
ちなみに、スクリーンの清掃にたどり着くのには、前版を外さないと辿り着けないのでかなり面倒ですよ。
一番の問題は上記のミラーユニット部分の調整です。
底蓋を開けるとコロがあり、その内部のスプリングの調整によってシャッターが切れたり切れなかったり、ミラーアップしたままになってしまったりするのですが、このコロの調整方法がわからない。
一定の位置に移動すると、巻き上げ完了→即レリーズという事になったり、一切シャッターが切れなくなったりという事になるのですよ。
数時間弄ってみても正常に動く場所がわからず難儀しています。
Pen−FT\(^o^)/

Leica M3に手を出してしまった

ということで、LeicaのM3をやっと購入です。
本当はContaxのIIIaとかになる予定だったのですが、とりあえず本丸に攻めてみました
20090827-SDIM0349.jpg
正面・この画像はレンズ無しだけど、ズマリットを付けると何とも言えない格好良さがあります。
80万台のM3になるので、特徴としては
■2回巻き上げ
■巻き上げレバーは短い(比べないとわからないと思うけど)
■アイレット(吊り輪)がドッグイヤー
■フレームセレクターレバーがある
■フィルム圧版がガラス製
■バックプレートがパカパカせずロックされる
■巻き戻し解除レバーが長い
■シャッタースピードが国際表示(1,2,5,10,25,50,100,250,500,1000)
■ファインダーのぞき窓が小さい
■フィルムが感光する部分の開口部がちょっと広いので広角レンズを使うと駒間が狭くなるので実質広角レンズは使えない(古い物は36.3mm程あるらしく、それ以降だと35.5mm位らしい)
等の特徴があり、昔から狙っていたシリアルなので結構満足です。
ちなみに1955年製となるので、54年物ですね。
20090827-SDIM0351.jpg
正面と背面だけなら、まぁそこそこのM3かな?と思えますが・・・
外観は使い込まれたM3で、何とも言えないぼろですが、ボロボロとまでは行かない。凹み等が結構あり一部にグッタベルカの落ちもある。そのおかげで通常のお店で買うにはそこそこのお値段だったのかと。外観の程度が良くないM3は総じて安いですけどね。
角にちょっとした凹みがあるのはもちろんですが、ファインダー側の側面・アイレット上に結構大きなアタリがあり、これがおいらを悩ませる。
黒く塗ってしまえ〜、鈑金修正して黒く塗っちゃえ〜、と・・・。
20090827-SDIM0354.jpg
底蓋は擦り傷多数ありますが、上物のM3で無い限りはこんなものでしょ。
20090827-SDIM0356.jpg
こう見るとトッププレートのスレも許容範囲なのですが、実物はなんともですよ。
と、散在書いていますが、ファインダーの視界は良好で二重像もハッキリと分離していますので、OHするにしても一番お金の掛かる部分が良好なのは大事ですよ。
巻き上げのスムーズさは比較検討していませんが、ちょっとこれは感動物です。OHして絶好調の個体だったらさぞ素晴らしいのかと・・・。
SSは最高速も1秒も問題なく動作していますが精度の方は不明です。1秒に関しては10%もずれていないようには感じます。
とりあえず、絶好調なM3と比較していないので何とも言えない箇所が多いですが、撮影に問題のない個体ではありますよ。
その内雑感でも書きます。

軽井沢

20090827-DSC03175.jpg
家族旅行で軽井沢(といっても北軽井沢:嬬恋村)に行ってました。
ちょいと肌寒かったけど、そこそこリフレッシュ出来ましたよ−。

いつもの衝動買い

お店に寄ったら非常に気になる物体を発見してしまったので即確保しました。その名は「OLYMPUS OM-2」です。OM-1からいろいろと進化した物の、電池が必須になったり、あいかわらずプリズム内の遮光にモルトが使われているのでモルトが劣化するとついでにプリズムの銀蒸着も剥がれるおまけ付きの機種です。
でも、電子式シャッターのため、実用には非常に優れた性能を発揮する訳なんですよね。
20090823-SDIM0338.jpg
以外に丈夫な電気系統を持っているらしいOM-2
ちなみに、OM-1ちょっと前から気になっていたのですが、このプリズムの問題で躊躇していたり、そんなに台数が増えても防湿庫の肥やしになるだけだから、と思っていたのだけど、安かったのでね。
OM-2を2,250円、そしてOM G Zuiko Auto-s 50mm/f1.4を3,000円ほどで確保しました。
ボディーはかなり美品で、目立つ傷は底蓋のほんのちょっとのスレと、ホットシュー取り付け後がカビだらけで、少し腐食というか痕?というか、残ってしまっています。それ以外はほぼ無傷の上物でした。フィルムガイドレールとかも腐食ほぼ無し。
レンズも多少の埃は仕方ないですけど、傷も全然無く、曇も無し。でも、気泡が1個だけあるけど、これも仕方ない。
20090823-SDIM0345.jpg
背面は少しだけ塗装のハゲがあるけどそれでも綺麗な個体
不具合としては、ミラーアップしたまま戻らない、という症状でした。
とりあえず自宅に帰ってから清掃・電池交換をしてみると、露出計は元気に反応し出す物のミラーはアップしたまま。ネットで調べてみると簡単な解決方法を発見。
「電池交換をしてSSダイヤルをRESETまで回すと戻る」
というもので、早速やってみると無事回復。
20090823-SDIM0347.jpg
軍幹部のシューによる傷?腐食さえなければ!と悔やまれる。
幸い、プリズムの腐食(ファインダー下部に良く発生)は無いように思えるけど、開けて見ないと何とも言えない状態かな。今のところ、ボディーの至る所に貼られているモルトの劣化は無いように感じます。どちらにしてもモルトの劣化は必ず進行する訳なので、しばらくしたらばらしてモルトの除去は行う予定です。
ちょっと予定外だったけど、これはこれで楽しいカメラですね。
なにせ小さく軽量で静かなので、使おうとすればかなり使えます。

レンズ2本をドナドナへ

ドナドナしたレンズは
Distagon 25/2.8 ZF
AF-S DX 18-70 F3.5-4.5G
の2本です。
半年ちょっと前にDistagonを買ったは良いものの、実使用は本当に数回程度で、今後の使用予定もあまりないのでドナドナしました。
かなり寄れて楽しいレンズなのですけど、そもそもD300ではMFがちょいとしづらい(一眼レフのMFに慣れていない)のと、D300自体あまり使っていないのですよ。メインはα900やZeissIkon等になってしまっているのです。
ちなみに、このレンズはどちらかというと遠景で使うよりも、寄った方が解像等が良かったかな?
D700が手元にあったらドナドナしなかったかもしれませんけどね。
AF-S 18-70は、いまだに結構良いレンズだと思うのだけど、これこそ本当に出番が無くなってきました。α900にA09で良いし、Nikonなら18-200で問題ないので、本当に出番がない。D40に付いているのは基本的にあの太巻きですし。(30/1.4)
で、ドナドナとはいえ買取ではなく下取りなのでその内、物が届きますぞ!
ちょっと予定が変わってしまったけども・・・。

Pen-FT ファインダー清掃

懸念事項だったPenFTのファインダーの清掃に着手です。
1.6mmのハンドプライヤーでセルフタイマーカバーを外す
2.上記内部にあるネジを外す(逆ネジなので注意!)
3.巻き上げレバーの裏に隠れているネジを外す
4.巻き戻しクランクを持ち上げると2本ネジがあるので外し、ついでにクランクも取り外す
5.軍幹部が外れますがシンクロコードが付いているので慎重に
6.シンクロコードの接点を裏側から緩めると外れます
これで軍幹部内にアクセスできるようになります。
7.露出計が3個のネジで留められているので外します
8.露出計が取り出しますが、コードが付いているので慎重に
9.この露出計ユニットに懸念のハーフミラーが付いています
10.ハーフミラーをスライドさせると取り外せます
20090819-SDIM0314.jpg
露出計ユニットを取り外した状態
ということで、ハーフミラーの清掃とファインダーの一部清掃をしましたが、やはりハーフミラーはカビによる浸食が多数あります。でも、まだましな方なのかな?
あとはスクリーンアタリにゴミと汚れが1点あるので、自分でやるかOHに出すかが悩みどころです。
20090819-SDIM0310.jpg
カビによって浸食されてしまったハーフミラー
で、露出計が動かなくなったとさ\(^o^)/
今度は露出計不動の原因を探らねばいけませぬ。
面倒だったので貼り革を剥がすことまではしたくなかったのだけど、そうも言っていられなくなりました。こうなったら、ベンジン洗浄して注油してグリスアップして全部やっちゃうか!っていう気になってきます。
「人は失敗を繰り返して成長していくのです。」

Voigtlander Prominent ファインダー清掃

やっと手が付けられるようになったのでプロミネントのファインダー清掃です。
軍幹部を分解するのに必要な工具はマイナスドライバーとカニ目のみです。
1.アクセサリーシュー外します。(ネジ3個)
2.アクセサリーシュー下のProminentと書いてある板を外します。(ネジ4個)
3.その下に黒いネジが1個あるので外します。外すと結構長いです。
4.巻き上げノブの中心にある大きいネジを外します。
5.フィルムカウンターが見えるのでカニ目で外します。
6.ピント調整ノブの中心の大きいネジを外します。
7.巻き上げの際に上げる半円形の物体を外します。(指に当たると痛いやつです)内部に小さいバネがあるのでなくさないように!
8.変な板を外します。
9.丸い板が見えると思うので、カニ目で外します。
10.ネジが3個あるので外します。(無限か近接に併せておいて、場所をメモしておきましょう。忘れてしまって大変でした。あと、この部分を持ち上げると、下にあるカムからいろいろな物が外れてしまうので気をつけて!)
11.巻き上げノブの下に1個、ピント調整の部の下に2個ネジがあるので外します。
12.軍幹部内部とご対面です。
ということで、一部分解してまで清掃できない(距離計が狂いそうだったので清掃したくない)部分がありましたけどばっちり綺麗になりました。
清掃方法は、無水エタノールで清掃後、レンズクリーナーで最終仕上げをしました。
幸いカビは軍幹部の窓のみでしたけど、内部のプリズム等も積年の汚れでくもっていたので綺麗にしました。
清掃後のファインダーはばっちり綺麗ですが、やっぱりのぞき穴ですな!
20090818-SDIM0308.jpg
清掃後の軍幹部内部
20090818-SDIM0305.jpg
こちらは背面からで、プリズムが光り輝いています。

Olympus PEN EE-3 モルト交換

先日時間のある時にEE3のファインダーを清掃しました。
そのときの画像は無いのですが、ファインダーの清掃は楽ちんです。
軍幹部をあけるのに特殊な工具は必要ないですし、清掃もレンズクリーナーや無水アルコールで終了です。
そしてその内やろうと思っていたモルトを交換しました。
古いモルトは、無水アルコールを染み込ませ、根気よく綺麗にしていきます。もう、この作業だけで数十分掛かるわけですが、綺麗になると非常にすっきりします。
20090817-DSC02643.jpg
あとは、実寸をしながらモルトを貼っていくわけですが、フィルム室の上下は1mmちょっとくらいのモルトを切り取り、無水アルコールを付けながらピンセットで丁寧に押し込みつつ貼っていきます。初めてのモルト交換でしたけど、溝の部分は無水アルコールがないと交換不可ですね。
スプール脇は特段問題なく終了です。
ちなみに、上記3点のモルトは1.5mmのモルトを使用します。
20090817-DSC02639.jpg
EE3からかEE2からかは忘れてしまいましたが、フィルムの押さえをモルトで行う、という簡略化がされています。その為、裏蓋の端に貼るモルトは3mm厚のモルトを使用しました。薄いモルトだとフィルムパトローネが動いてしまう可能性があるので3mm位がお勧めかもしれませんね。
ということで、やっとEE3が使用可能な状態になったので、実写に投入ですぞー!
露出計の精度がわかりもしないのにいきなりポジを入れるという暴挙に出ましたけどね。
期限切れのポジなので良いのですが・・・。