GF670 ちょっとだけ画像でも

待ちに待ったGF670の画像を数点
20090428-gf670-1.jpg
蛇腹を折りたたんである外観です。
いかにも一つの固まりという感じがしてごついです。
20090428-gf670-2.jpg
蛇腹を開いてフードを付けてみた!
もともと逆光に強い蛇腹なわけで、それほどフードの必要性も無いのだけど、とりあえずね。
このままじゃ仕舞えないので使用頻度は低そうです。
ちなみに、フードはソフトケースが付いてきますが、ちょっとキツキツ
20090428-gf670-3.jpg
こういった物は最初に買っておかないとね!と言っても過言ではないソフトケース。
わざわざチャックを付けないで、横から入れてフタをするだけのケースなら楽で良かったけど、これはかなり面倒くさいですよ。
でも無いよりはましですけどね。
20090428-gf670-4.jpg
ZeissIkonとのサイズ比較ですが、GF670の大きさがよくわかると思います。
でも、レンズの出っ張りがない分、持ち運びはしやすいですし、コンパクトになるので携帯性はかなり良いですね。
重さ1kgだけど、それほど重くない感じがします。
重量バランスとして、レンズと蛇腹等の可動部はかなり軽量に出来ているので、先端が重いということはありません。
軽量に出来ているせいで、この可動部はちょっと安っぽい感じがするのがちょっと難点ですね。
ボディーのみが重くて先端はかなり軽いので、左手で支える必要性はほぼ皆無です。←蛇腹部分に負担がかからないので良いですよ。
そしてシャッター音は、屋外だと本当に聞き逃してしまうほど静かです。
ファインダーもかなりクリアで良好です。
う〜ん、満足なり。

久しぶりに映画を数本

なんだか急に映画が見たくなり数本購入しました。
20090428-R0010673.JPG
AMADEUS DIRECTOR’S CUT
BATMAN BEGINS
THE DARK NNIGHT
の3本
とくにアマデウスは、おいらの大好きな映画でして、一番最初の両面1層のDVDからはじまり、その後はDVD版のディレクターズカット、で、今回のBD版のディレクターズカットです。
もうそれくらいに好きな映画で、これだけは欠かせませんよ。
まったく知らない人にはなんだろう?っていう感じかもしれませんが、モーツァルトの生涯を描いた映画で、内容も良いけど音楽が素晴らしいのですよ。
一度お試しあれ。
バットマン関係は何となくみたくなったのでとりあえずビギンズから見始めたけど、もう一度初代を見てみたくなったなー。
その後の数作は何となく嫌いなのだけど・・・
とりあえず
映画週間になりそうな予感!!(AA略)

IdeaPadのメモリーカードリーダー

IdeaPadの不満な点としては「SDカード挿入時にSDカードが出っ張ってしまう」という不満点があるわけです。
HDDの容量に不満があるわけではないので、SDHCを入れっぱなしにしてストレージとして使用するわけではないから問題ないといえば問題ないのですがね。
けど、ついさっき、これが意外と欠点でないことが判明!
他社のネットブックはメモリースティックについては通常の大きいものしか入らないわけですが、IdeaPadはMS-DUOがそのまま入ったw
ちょっとこれは便利すぎておいらちょっとハァハァしていますよ。
MS-DUOを結構使う身としてはこれはかなり利点です。
買ってよかったS9e!!

調整の旅へ・・・

D300の背面液晶内部に埃の混入があったのでメーカー保証が切れる前にNikonに送りましたぞ。
R-D1sの二重像の縦ズレを直すためにこちらもエプソンに送りましたぞ。
D300はすぐに帰ってきそうだけど、R-D1sは1ヶ月程度かかりそうだ・・

外付けブルーレイドライブ

ついでといっては何なんだけど、薄型の外付けドライブが欲しいと思い立ち購入しました。
20090423-P1010071.jpg
MARSHAL MAL-BD02U2という型番です。
初のブルーレイドライブですが、ブルーレイの再生ソフトを持っていないのでPCで再生できずw
そのうちPowerDVD9Ultraでも購入します。
で、薄型で外付けならバスパワー動作がきちんと行えるかどうかが重要だとおもいますけど、とりあえずDVD-VIDEOの再生やアプリのインストールは問題なく行えています。
焼きとかBDの再生は未経験なので何ともだけど、このケースの電源周りは意外と優秀らしいので期待しています。
あとはBootがきちんと出来るかどうかが問題だけど、きっと問題ないだろうと思っています。
ちなみに、このメーカーがこの製品のケースのみを販売していて(実際はケースを販売していて、それを製品版としてセット販売)、バルクの薄型ドライブを購入すれば6000円くらいでゲット出来るのだけど、面倒だったから製品版買っちゃった。
付属品はACアダプター、USBケーブル、USB用ACケーブルのみ。

Ideapad S9e用にBluetooth激安マウス

20090423-P1010005.jpg
Ideapad S9eの購入にあわせて専用のマウスを導入
輸入品の激安BTマウスですけど、まぁそこそこ普通に使えています。
作りは非常に安っぽく、デザインもあれですし、小さすぎてちょっと使いづらいけど、小ささに関してはネットブック用と割り切れば問題ありません。
ただ、S9eのタッチパッドが優秀すぎてほとんど出番がないのが何ともw
S9eのタッチパッドは、滑りも良いし、感度もかなり良く、そしてカスタマイズが豊富なのですよ。
左上、右下等に機能を割り当てられ、戻るとか右クリックも行えたりでかなり優秀です。
不満はタッチパッド面がちょいと小さいことだけど、これは慣れの問題なのでもう慣れました。

Lenovo Ideapad S9e さくっと紹介

では、さくっとレビュー
20090421-P1010052.jpg
S10eと部品を共通化しているために起こる、黒い枠w
でも、共通化しているからこそのキーボードの打ちやすさだったりするので我慢我慢。
液晶の比較はしていないけど、見づらいということは無いですね。
でもツルピカ液晶なので、この辺は好みの分かれるところ。
20090421-P1010039.jpg
各社と比較しても打ちやすいキーボード。
ネットブックにしては抜群に筐体の作りが良く(デザイン・塗装除く)、キーボードのペコペコはありません。
不満といえばFnキー・半/全キー・、・。あたりかな。
慣れの問題だけど、少し悔やまれます。
打鍵感はなかなか良好ですよ。
20090421-P1010012.jpg
右側面にはUSB2.0×1、LAN×1、マイク&ヘッドフォン端子、Expressカードスロットがあります。
バッテリーは標準が6セルバッテリーなのでちょっと不格好だけど、ちょっと傾斜が付いてキーボードが打ちやすいです。
20090421-P1010014.jpg
左側面にはAC、USB2.0、外部VGA、SDカードスロット(MSもだったかな?)があります。
惜しいところはACアダプターを指す場所かな。
もう少し奥にあればなお良かったけど、気にしなければそんなに気にならない。
20090421-P1010045.jpg
dv5に付いていた余ったメモリを取り付けましたよ。
なんとエルピーダ製のメモリがS9eに!!
ちょっともったいない。
とりあえず3万円でこれなら大満足な性能ですね。
遊びがいがある。

Lenovo Ideapad S9eゲット

人間とは不思議な物で、A4ノートを手に入れて、職場でも自宅(メインPC等は寝室に設置してあるので、ノートはリビング)でも快適にネットが出来る環境にあるのに、一度PCに興味が行くと必要のない物まで買ってしまうのですよ・・・。
で、これです
20090421-P1000993.jpg
Lenovo Ideapad S9e
20090421-P1010030.jpg
要するにネットブックですよ。
Atom搭載でいろいろとスペックに制限をされていて、5万円パソコンだの100円パソコンだのといわれいてて、性能は各社横並びかと思いきや詳しく調べるといろいろと違っていておもしろいジャンルのノートPCです。
実際の性能としてはPenM程度の性能はあるらしく(AtomはHT対応ですしね)、実はグラフィック性能さえこだわらなければ意外と高性能なノートパソコンというのが実情のようですね。
ま、この辺はIntelのCPUのセグメントの分け方の問題等あり何ともなので、性能は置いておいて、とにかく安くて軽量、物によってはかなりバッテリーが持ち、8時間とか9時間の世界であったり、SSDが搭載されている機種が多かったり、と、なにかと乱発されていてる状態です。
その中で何かと調べていたらやはり有力候補が挙がってくるわけでして・・・。
どの機種がどうのこうの、と書いたらきりがないので・・・。
とりあえず値段と性能でこれを買ったわけです。
各所で話題のioPlazaの会員30,800円のポイント10%で購入です。
どうせあまり使わない&遊び(検証)用になる予定のネットブックなのでコストパフォーマンスが良い方が良いだろうということです。
とりあえず、筐体やキーボード等のほとんどの部品はS10eと共用しています。
液晶を小型化(でも縦の解像度は600にアップして実用的になった)してあいた部分にプラを詰めて隙間を埋め、Webカムを30万画素に変更した程度で、液晶の小型化の影響でバッテリー駆動時間も増えた、という機種です。
なので、外寸とかは8.9インチの割には10インチクラスの大きさがあるのですが、そのおかげでキーボードが打ちやすいのです。
腐っても旧IBMな訳ですから、筐体の作りだけはネットブックの中でもかなりしっかり作ってあると思います。
6セルバッテリーのおかげもあり、性能に文句は無いけど後発だしいろいろと中途半端な機種というわけですね。
一言でまとめると「全く不満のない性能で電池長持ち3万円!けどレノボ」という感じかな?
細かくいうとWi-Fiがnに対応していないのと、USB2.0が2ポートのみ(だけとExpressカードスロットがあるよ)、タッチパッドがちょっと狭い(けど動作はかなり良好でマルチタップ?対応)、液晶の周りの黒い枠が邪魔、重い(でも6セルバッテリー搭載で長時間駆動OK)などの不満があるけど、()書きしてあるとおりトレードオフだったりするので、不満という不満もほとんど無い機種ですね。
とりあえず、ざーっとご紹介です。