さて、iPhone

色々と考えていましたが、iPhoneの購入をかなり前向きに考えています。
MNPではなく、新規ですよ。
何故かと言えば魅力的なおもちゃっていうこともあるけど、iPhone用の革ケースを作りたいからですな。
商売にはまだまだだけど、比較的簡単に作れそうだし練習台としては良いかも知れません。
とりあえず、現状考えているケースというのは、ケースに入れたまま使用できるような物ではなく、取り出して使用するタイプのケースです。
時間がないので計画はなかなか進んでいないけど、ぼちぼち頑張っていかないと。

MonsterTV HDUS

先週あたりから各所で騒がれ、ここ数日一部で猛烈に盛り上がっているMonsterTV HDUSをゲットしてきました。
現在、メーカー出荷停止だそうで、市場に出回っている物だけかと思います。
おいらはとある千葉県内のデポで購入しましたが、昨日の夕方の時点で残り5個ありました。
あとは、ICカードリーダーを購入しないといけない。
ドライバを導入する際にパッチを当てて使用するとあら不思議、色々な事が出来てしまう素晴らしいツール。
詳細は各所に記載されているのでそちらを。
ちなみに、解析は別ですが、作成者はとある動画変換のソフトを作っている有名な人です。
普通に使いたいところだけど、モニターがHDCPに対応していないし、ゲームで3画面を使用したいためHDCP対応ワイドモニターの導入はなかなか躊躇しています。
ということで、これですよ。
HDCP必須も回避できるとか何とか・・・。
ま、普通にメーカー提供のアプリが使用できなくなるので使い勝手は大幅に下がり、ほぼ録画専用ハードになりますがw

R-D1s 通勤途中は緑がいっぱい

20080727-EPSN0143.JPG
R-D1s with Nokton Classic 35/1.4
通院途中で道を1本入ったところにある風景。
昔の峠道のようなところで、多古〜八日市場市(現・匝瑳市)まで続いていたらしい道の周辺。
風景スナップばかりになるのは千葉の仕方ないところというか、通勤経路の仕方ないところかな。
構図が似ているのはこういう構図が好きだから仕方ないのですよ。
開放大好きなのですべて開放で撮っています。
もう、このぐるんぐるんがたまりません。
ということで、一気に行きます。

“R-D1s 通勤途中は緑がいっぱい” の続きを読む «R-D1s 通勤途中は緑がいっぱい»” class=”more-link”>“R-D1s 通勤途中は緑がいっぱい” の続きを読む «R-D1s 通勤途中は緑がいっぱい»

HEXAGON 17mm/F16

20080727-hexagon.jpg
R-D1s with HEXAGON 17/16
HEXAGON 17mm F16通称ボロゴンを外に連れ出してスナップしてきましたけど、広角を生かせる物が撮れなかった。
やっぱり、広角はビル街とか街中の被写体が似合うけど、田舎にゃそんな物ありませぬ。
ということで目に優しい森林でも。
この強烈な周辺減光と全体的なソフトフォーカス。
しかも、この写真じゃわからないけどチリかゴミが数個入っていて使い物にならないw
ギャグでは楽しいけど、やっぱり使いづらいレンズかなー。
F16なので晴れの屋外はわからないけど、曇りの屋外はシャッター速度が1/30っていうのも非常に使う場面が限定される。
とにかくゴミをどうにかしないと・・・。
5個以上あるのは酷いよ・・・。
銀塩ならわからないけど、R-D1sは周辺減光しやすいCCDみたいなので、広角レンズは軒並み周辺減光につきまとわれますぞ。

革製品 作成開始

以前より内密に計画していた革製品の作成を開始しようと思っています。
昔から革製品が好きで、カメラケース、ブックカバー、PDA、ノートPCやらなにやら、なんでもケースに入れるのが好きなのですよ。
革に限らずだけど、ケースの素材で一番好きなのはやはり革。
ということで、革製品を作ってゆくゆくは脱サラでもしようかと計画中です。
作ってみて、上等な作品が出来れば年内。
駄目であれば修行をしつつ来年あたりにでもと思案中。
あくまでも計画は未定ですが。
まずは必要な道具類はかるく揃えて、本日到着予定です。
革は実物を見てみないとなんとも言えないところがあるので、ぼちぼち購入していこうと思っています。
時間があればレザークラフト教室とかにも通いたいけど、なにぶん田舎なのでそんな教室近くにないよ−。
現在あくまでも計画中のケース類は以下の通り。
ブックカバー各種
R-D1sケース
ライカ IIIa用ケース
SIGMA DP1用ケース
Zeiss Ikon用ケース
各種カメラ用ストラップ
小さなショルダーバッグ
今後検討するかも知れない物は以下。
RICOH GX200用ケース
Panasonic LX-3用ケース
ライカM3用ケース
ライカM8用ケース
カメラ用レンズケース
カメラバッグ
PSP用ケース
DS Lite用ケース
etc・・・
とりあえず、まだまだ揃っていない道具類があるので、それらは少しずつ揃えて行こうと思っています。
さてさて、重要なエンブレムを考えねば行けないのだけどどうしようか・・・。
おいらの家のいかにも田舎っていう感じの屋号で逝っちゃうか・・・。

Hexagon 17mm F16

写真は後ほど。
またまた新しいMマウントのレンズが増えてしまいました。
それはHexagon 17mm F16という広角レンズです。
Hologon 16mm F8をもじって通称Bologon(ボロゴン)と呼ばれているみたいです。
フォーカス固定のパンフォーカス。
実は「撮りっきりコニカ mini WaiWai ワイド 17mm f11」という使い捨てカメラのレンズ部分を移植した物なのです。
メーカーの資料はこちら
2群2枚のプラスチックレンズというなんとも言えない物なのに意外や意外、写りはそこそこ。
そして造りはビックリするくらい良くできていますが、この個体は塗装の品質がちょっと悪いみたいです。
で、こんな物を何処が販売しているのかというと個人で製作販売しているようです。
だれが販売しているのかはよく分かりませんが、東京のカメラ屋で時々見かけるそうです。
Mマウントはもちろん、Lマウント、etcもあるみたいで、外観も製作時期の違いからか数種類あるみたいですね。
おいらが入手したのはネット上の何処にも同じ個体を見ることの出来ない種類です。
よく見る物ならフィルター枠なのかレンズ保護のための物なのか、レンズ外周に出っ張りがあるのですが、この個体にはそれがありません。
本当に鏡胴正面は真っ平らと言っても良いくらいです。
あと、中古で購入したのですが17mmのファインダーは付属せず、購入価格は1万円程度でした。
とりあえず、ファインダーは勘でいきます。
F16という非常に暗いレンズなので、今の時期でもシャッター速度に気を遣いそうです。

Lumix LX3

昨日PanasonicのLumix LX3が発表されましたねー。
GX200を資金的にどうしようか迷っていた最中にこのちょっと魅力的な機種が発表。
機能的にはGX200の方が勝っているところが多いけど、LX3はなんと言ってもズームをあえて抑えてF2.0というところが魅力的。
画素数もそれ程欲張らず無難なところに抑えているし、マクロも1cmまで可能。
手振れ補正もPanaなので結構強力かと思われるのでかなり良い感じかも知れませぬ。
Canonがやっても良さそうな機種をやりそうもなかったPanasonicがやったっていうところが一番の驚きですが・・・。
問題はPanasonicなので絵的にどうなのかっていう根本的な問題なのだけど・・・。
ということでとりあえずGX200は保留です。

R-D1s

20080717-EPSN0106.jpg
R-D1s with Nokton Classic 35/1.4
昨日のいつもと違う帰り道だけど良く走る道。
不思議な空の色だったので1枚。
おいらって、縦構図で撮るのが好きかもしれない。

Zeiss Ikon

20080717-zeiss ikon-1.jpg
D300 with 50mm F1.4
20080717-zeiss ikon-2.jpg
D300 with 50mm F1.4
なぜか購入してしまったZeiss Ikon
一度銀塩カメラに手を出してしまうと、これからフィルムを始めてみようという不安が払拭され、どんどん逝ってしまいます。
F5やF100はありますがね・・・。
いつかは購入しようと思っていたZeiss Ikonですが、サイドグリップ付きの程度の良い物があったのでついつい購入してしまった・・・。
説明書のみで元箱とかは無いけど、なぜか銀塩カメラだと許せてしまう。
ストラップがないので、まだ外に持ち歩けないのが悲しいかな・・・。
詳しくは他のサイトに任せるとして、実用するなら今一番良いレンジファインダーカメラかと思います。
あとはスキャナをどうするかだけど、これは後ほどかなー。
どこかにNikonのフィルムスキャナが安く売っていないかな・・・。
これでやっと本格的にフルサイズデビューです。
え?違うって?

Leica Elmar 50mm F3.5

20080717-elmar.jpg
D300 with 50mm F1.4
バルナックライカといったらエルマーでしょ!
ということでニッケルエルマーをゲットしました。
シリアルナンバー無しで、ノブの裏の数字も3となっています。
0〜3はカスタム鏡胴らしく、初期の距離計に連動しないA型ライカのレンズを距離計連動に改装したものだそうで、この0〜3のエルマーをショートエルマーと呼ぶそうです。
この0〜3は元々レンズの焦点距離が48mmとか50mmとかのように微妙に違っていたものを表しているようで、その焦点距離に合わせて改造されているそうです。
旧エルマーかどうかはどうなんだろう?という程度です。
外観は傷等ありますがイヤな傷ではなく、レンズにはそれ程支障はないようです。
ただ、ヘリコイドグリスがかなり堅くなっているらしく、一部ガタがあるので、ヘリコイドグリスをゲットして整備してみようと思います。
年代的にはおいら所有のIIIaよりも前の物になりそうで、クロームメッキの方が似合っていたかな?という感じです。
ニッケルエルマーは黒塗装が似合います。