あぁ物欲よ・・・

今欲しいモノ
一週間後には変わっているかも知れませんがw
1.DP1x AF速度の改善が素晴らしいが、DP1の方が画質は好み
2.GXRとMマウントユニット LPF無しの効果がいかほどか!?
特に、AF速度の遅さに閉口のDP1ですが、DP1xになってから非常に快適になっています
Pana機ほどじゃないけど、並のコンデジ以上にはAF速度が速くなっているのでスナップ用途には良いのです
あとはDP2との操作の違いも久しぶりに使うと戸惑ってしまう
GXRはMマウントユニットの為に欲しいのですが、P10ユニットもS10ユニットも各種A12ユニットも特に欲しいと思わないのです
せめてS10ユニットがNikon P7000並の描写だったら買っているかも知れませんが・・・
ともかくMマウントユニットの画質次第です
その他にはRolleiflex2.8Fが欲しかったり、バルダーズゲート2完全版が欲しかったり、PCのアリス・イン・ナイトメアが欲しかったり、Canon S95が欲しかったり、Fujifilm S3proが欲しかったり、スピーカーではYoshii9が欲しかったりと物欲は際限ありませんwww
と、お盆で暇だったので胴でも良いことを書いてみました

家電エコポイント終了に伴いTVゲット

家電エコポイントも3月末で完全終了のため、ダイニング(というより台所)のテレビを買い換えました。
13インチか14インチのアナログ液晶テレビから32インチの液晶テレビ SONY BRAVIA KDL-EX300 の32インチです。
元々は22インチ程度の物を購入するつもりだったけど、分かっちゃいたけどこのサイズは割高です。
まともな物になると3万円で、もうちょっとまともになると3万円台半ばほどです。
それに我が家はSONYで揃えているのでSONYにしようと思ったら物が無く、新製品しかない。
しかもそれが5万円とかしているからたちが悪いです。
やっぱり売れ筋32インチあたりにするかな?とヨドバシ.comを見てみたらBRAVIAのEX300 32インチが39,800円だったのでほとんど無いようも調べずに即ポチ。
ポイント10%はPSネットワークカードに化けたので損もなく、そしてエコポイントは22インチだったら4,000ポイントが32なら6,000ポイントなのでそれなりに満足です。
PS3ともつながり、リビングのBDレコーダーAT700ともつながり、リモコンも共通なので使い勝手も変わらないときたもんだ。
その上HDMIも沢山あるし、何より離れて見れるので良いことずくめです。
が、設置場所がカラーボックスのちょっとマシな物なので落下が非常に怖いです。
なにか考えよう。

電子書籍元年?

Sony Readerが先日発売されたのでちょっくらヨドバシまでさわりに行ってきました。
文庫本サイズ(ちょっと大きい?)の350と6インチ採用でSDやMSも使える650の2種類がありますが、以外に650は売り切れでした。
Kindleの購入をちょっと考えていたおいらとしては、国内でE-ink採用の端末が発売されるのは非常にうれしいですね。
でも、それがSONYからというのは非常に不満があるわけですがw
(SONYは好きですが、中途半端な部分が沢山ありますからね)
とりあえず、触ってみた限りとしてはハードの出来自体はとても良いです。
E-inkは非常に読みやすく、紙の媒体の文字を読んでいるのとほとんど変わらない視認性です。
個人的にはiPadとかの液晶画面で書籍を読む気にはなりませんね。(雑誌とかは別ですが)
実用には350ですが、PDFを沢山入れたい場合はSDが使用できる650一択ですね。
っていうかなぜ350に、せめてMSのみでも良いから使用できるようにしなかったの?
↑が非常に不満でならない。
また、ソフトウェアの面ではまだまだ至らないところが多々あるようですね。
こちらはFWのアップデートで何とかして貰いたいところ。
そして、一番の不満点はReader Storeの品揃えと使い勝手。
発売日にReader Storeを見てみましたけど、あまりの使い勝手の悪さにびっくりしました。
いちいち検索しないといけないとか、小分類から下の階層はリストが無く、検索かページ送りをするしかないとかw
もう何考えてるの?って言いたくなる。
この辺はいかにもSONYらしく、そもそも最初っから期待していなかったのですがw
だんだんとユーザーの声を取り入れて、少しずつ改善されていき、コンテンツも増えていくと期待していれば多少はガッカリ感も少なくなるってもんです。
でも、さすがにジャンルはもう少し丁寧に分けてくれよ・・・
ハード的には非常に魅力的ですが、本来の書籍を読む行為が、コンテンツの不足のためほぼ不可な為、購入は先送りにします。
自炊は面倒ですし、費用が掛かるので全く考えていませんし。
できれば、漫画とかラノベとかのコンテンツは自炊して、文学作品とかは電子書籍できちんと購入し直したいのですけどね。
ヨドバシ千葉店のReaderコーナーのとなりにガラバゴスがおいてありました。まぁ…..がんばれ。

SONY BRAVIA HX800 46インチのその後

20101020-DSCF1093.jpg
BRAVIAのHX800を少しの間使ってみての感想です。
■動作について
もっとさくさくと動くのかと思っていたのですが、全体的にもっさり感がありますね。
chの変更ではそれほど無いのですが、番組表を開くときとか、入力切替とかでもっさりを体感できます。
あとは電源onでのもっさり感が一番ひどいですが、これは設定で素早く起動できるようになるようですが、時間帯を指定したりしないといけません。
それに伴い、その時間帯での消費電力はUPするわけです。
■画質について
SONYらしいというか、全体的に鮮やかな発色をしています。
自然とは言い難いかと思いますが、TVならこういう発色でも良いのかな?と思えますね。
4倍速のモーションフローはなかなかの物ですね。
■音質について
以前の初期のプラズマWoooと比べるとガッカリ音質。
スピーカーのスペース的に厳しいので仕方ないのですが、低音スッカスカです。
この音質だけは、スペース的な物と、どれだけまじめに作るかとか、色々なメーカーの思惑があり、見た目にこだわっているTVでは総じて悪いですね。
■接続性について
正面から見ると背面の左側に端子類が密集しています。
困ったことにコンポーネント端子が無いのが不便なんですよ。
コンポーネント=D端子なので新たにケーブルを買うのなら問題ないのですが、今までほとんどの機器でコンポーネント端子を使用していた身としては、D端子しかないのが意外に困った。新たにケーブルを購入しないといけないので。
HDMIは4個あるので問題なしで、ARCに対応しているのはHDMI-1のみです。
ただし、現在のアンプはHDMIに対応していないのでOptical接続です。
でも、TVにHDMIで入力した音声(DollbyDigitalとかDTS)がOpticalから出力でき、それをアンプに接続できるので、あまりこだわらなければAVアンプは音だけ(映像はいらない)でも良いのかな?という気もしますね。
いやはや便利便利。
■ゲームでの遅延とかについて
BRAVIAのゲームでの遅延はそこそこあるらしく、初液晶TVのおいらとしてはその部分がかなり気になっていました。
「まぁ、いいや!」とおもってHX800を買ったわけですが、使ってみるとあまり気にならない物ですね。
音ゲーもやってみましたが、遅延は気にならず普通にプレイできていますね。
ただし、遅延に関しては個人差が非常にありますので気をつけてくださいね。
残像はモーションフローを切るとちょっと気になりますが、あまりシビアでないゲームの場合はモーションフローもONのままなのであまり気にしなくても良いのかな?とも思いますね。
それにしてもやっぱりHDMIでのDot by Dotでの表示ははっきりくっきりで綺麗ですね。
細部の表示はもちろんですが、ぱっと全体を見たときの情報量であったりくっきり感とかは以前のD3接続のWoooとは全く違います。
高解像度はPCで体験済ですけど、TVの物はまた違いますから感動もまた違いますね。
20101020-DSCF1097.jpg
部屋で掛けているとかなり場違いw
■3Dについて
3D眼鏡を使用しますが、3D感はかなりの物ではないかなと思います。
現状だと3Dコンテンツがほぼ無く、おいらの試せる状況はPS3ゲームの一部のみ。
ワイプアウトHDとスターストライクHDは元々購入済だったので更新して3Dでプレイ。
ワイプアウトは3Dの恩恵はそれほど感じないのだけど、スターストライクHDは3Dとの相性が抜群ですね。
元々ステージが球体なので非常に立体感があり、爆発の際の飛び出し感もかなりの物です。
散々言われていますが、ゲームと3Dの相性は抜群ですね。
これで延期されたGT5の楽しみもさらに増えるっていうもんです。
イメージ的にはどうしても液晶のベゼル(枠)から奥に箱庭がある感じになってしまうけど、46インチくらいになると箱庭感も少しは薄らぎますね。
ちなみに、多少暗くなりますが、現状ではこれが限界なんでしょうね。
あと東芝の裸眼3DTVですが、アレはまだ課題が多いので、当分は3D眼鏡方式でしょうね。

3D対応TV購入完了

6年か7年くらい使用した日立のプラズマWoooが先日ご臨終されましたので、早速TVを物色したというか買ってきました。
物色自体は以前からしていたので最終決断をしたともいいますけど。
購入したのは3D対応のSONY HX800の46インチですよ。
トランスミッターと3Dグラス(眼鏡)も同時にゲットですが、トランスミッターとTVは月曜日着です。
42インチのプラズマWoooは50万円で買いましたけど、今は46インチ近辺で20万円周辺ですから安くなりましたね。
それにしてもWoooの50万円は高かったんだなぁ〜
これでD端子とかコンポーネント端子とかのアナログ端子から解放され、PS3のDVD再生でのアプコンがきちんと使用できるようになるのが何よりうれしいぞw
詳細は到着後。

Amazonでお買い物〜

最近、新作ゲームはあまり買っていない(無駄なものを買っていない)けど、ゲームはやってますよ。
今はEOJにモタストに大神。
大神はちょっとずつ進めているけど、投げ出す気にならない良作です。
ちなみに、EOJは10戦3勝くらいで全然勝てないなー。
ということで本題です。
4,000円位になったら買おうと思っていたMGS4SEがアマゾンで4,000位になっていたので購入。
ついでに、書籍関係を数冊とPhotoshop Elements7&Premire Elements7のアップグレードを購入です。
乗り換えアップグレードなので安くて良いですなー。
ちなみに、乗り換えアップグレードの条件はかなり緩いし、他の画像編集ソフトとかって書いてあったりするので、大多数の人が対象でしょうね。
おいらはVegasとか旧Elementsとか持っていますが。
CameraRaw4.6が出たり、現在使用しているFireworksもあまり使えなかったりで前々から考えていたんだけど、7が発売され良い機会だったので購入です。
PremireElementsもけっこうできることが多くなってきたので便利ですしね。
一番の決定打は、トーンカーブが使えないと思っていたら、無料のプラグインが存在するというのが大きいかな。
ん?カラーカーブとかって言うあまり使えないらしいものはあったのかな?
Lightroom2はPhotoshop Elements7を使ってみてから考えよう。
結構使い勝手は良かったけど、画像の取り込みがおいらの使い方にはちょっと合わないところがあったので急がなくてもいいや。
Photoshop Elements7にもある程度の機能は有るだろうし・・・。
でも、比較は使いやすかったなぁ・・・。

Qステア

20061113-q.jpg
最新ゲーム機の話題から一転して安物おもちゃの話題ですw
タカラトミーから発売されたQステアというラジコンです。
以前、デジQという物がありましたがそれの最新版だと思って下せー。
デジQとの違いはプロポが本当におもちゃになってしまったのと、ステアリングがちゃんと前輪が曲がる仕様になったところですかね。
だから思ったところに曲がれるのだけれど、直進・後退・曲がるしかないので曲がる角度は一定ですw
ターボボタンがあり、それを押している間はダッシュ出来ますw
車体の大きさが普通のチョロQと同じ大きさになっています。
送信距離は1.5m位なので本格的には遊べないけど、適当に遊ぶにはなかなか面白いですよ。
電池はLR44を送信機・本体共に2本ずつ使用します。
お値段1,280円也

【物欲君】必要に迫られて・・・

Oblivionをプレイするのに必需品となるのが辞書ですよ辞書
今までの輸入ゲームならどうにかこうにか理解出来た物の、さすがにRPGとなると辞書を片手に翻訳作業をしないと文章が一切わからないのですよ(´・ω・`)
今まではPalmの辞書「大辞鑑」で翻訳していたんだけど、さすがにグラフィティーでの入力は怠いし単語数も少ないので専用の電子辞書を購入してみた
CASIO XD-ST6200BK
20060717-st6200.jpg
本来なら基本的に使用する辞書は英和辞書がほとんどなので英語に特化した辞書が欲しかったのだけど、差額が1万円以上あったので却下し、ありきたりな総合的な物にしちゃいましたよ
ただ、やっぱり少し単語数が足らないみたいで追加コンテンツの英和じゃなく英和大辞典でも購入してみちゃおうかと考えてみるw
これを購入しちゃったら値段あまり変わらないんだけどねw
電子辞書に関してはそれ程調べなかったんだけど使い勝手とか検索のしやすさという点で考えるとSHARPが検索しやすくて目的の単語が簡単に出しやすく、SIIがKeyが打ちやすいですな
ただ、バックライト必須だったのでカシオにしやしたよ
おおむね満足しちょります

【物欲】TripleHead2Go

現在非常に気になっているアイテム
そりは「TripleHead2Go」
2モニターで使用出来る物は以前からあったけど、今度は3画面に対応して発売なり
6月初旬頃から輸入版が流通していて、すでに日本代理店からも正式に発売されているアイテム
20060704-Pacific_Fighters_606.jpg
これを使用しモニターを3枚用意すれば3840×1024という解像度でムフフが出来るわけです
仕組みとしてはTH2GがPCからは1枚のモニターとして認識され1つの大きなデスクトップとなるのですよ
普通のデュアルモニターとかとの違いは本当の1枚のモニターとして認識されると言うこと
1枚のVGAから2枚のモニターに接続すると通常2枚のモニターとして認識されます
ビッグデスクトップという設定にして擬似的に1枚のモニターのようにすることも出来るけど、ゲームとかDirectXを使用する物に関してはプライマリのモニターでのみその機能が使用出来るのですよ
ということは通常2枚(3枚でも)のモニターを接続していてもゲームでは1枚のみにしか表示されないのです
仮に表示されても激重という訳ですな(Matroxの一部VGAを除く)
これが完全に1枚のモニターとして認識されるとその全てのモニターに対して平等に機能を振り分けられるので性能の低下が少ないと言うことです
もちろん解像度が増えるので重くはなりますが・・・
あと1枚のモニターとTH2Gがあればムフフな環境になるのだけど値段が高いのがネックなのと、DVI接続ではないのでこの解像度になると画質の低下があるらしい
ただおいらの場合はゲーム用途なので画質の低下よりは視界の広さの方が重要なわけですな
問題として、おいらのモニターはUXGAでTH2GはSXGA×3という解像度なので適正な解像度に出来ない
しかも1280×1024っていう解像度は4:3じゃなくて5:4なのですよ
1280×960ならまだしもって言う感じです(設定があるかも知れないけど)
世にある17インチや19インチの液晶はほぼ全てが1280×1024の液晶なので理解出来なくはないのですがね
また、もし4800×1200なんていう解像度が出来たとしてもアナログ接続じゃ実用にすらならないだろうし、DVIだとしても帯域が足りないでしょう・・・
どのみち最大解像度は3840×1024
ま、その前にこれを揃えるためには10万円程度掛かるので資金難ですがw

【物欲君】コンデジが・・・コンデジがっ!!

え〜、まぁ〜、結構前から思っていたことなのですがコンデジ欲しいですw
現在S30をWEB素材とかの簡単なものように使っていて、お出かけにはFX7を使っています
最初はS30に変わるものが欲しかったけど、結局S30を使い続けているおいらがいるのだ
おいら的には名機のS30
こちらはやはりそのまま使っていくぞ!
となると、もう一台のFX7ですな
最初は結構絶賛していたんだけど、最近は「う〜ん微妙」という感じなのです
何処が微妙かというと
●電池の持ちが非常に悪い
●AFが遅い
●液晶の解像度が低い(背面液晶のこと)
●分厚い
●やはりレンズがミョイ〜ンと出るから起動に時間が掛かる
●ISOが低い
などなど、その当時は気にならないことも時代の進歩に伴い気になり始めてきたのです
買うかどうかわからないけど、とりあえず色々と物色していますw
候補はDSC-T9とFinePix Z2辺り
今のトレンドの高感度コンデジということです
コンデジとはいってもF11みたいなちょっと大きめのものではなくて、ポケットに気軽に入るようなものではないといけないのです
あと、レンズがミョイ〜ンはちょっと飽きたのでこの2機種なのです。
後はメディアを取るか、高感度を取るか、光学手触補正を取るか・・・
あの、カバーをあけてすぐに撮影できる快感は今までにないものがあるなー(店頭で触ってみて)
特にZ2は起動に1秒以下だから速いのさ
とにかく気軽にイージーに取れる機種が欲しいのさ
ということで今悶々としています