SONY Reader T1 E-ink初体験(はぁと)

AmazonのKindleを購入しようとしたことはいつだったのだろう?
もう1年以上前だったのだけど、自炊は面倒・日本語のコンテンツ全然無い、ということでKindleは購入せず
SONYのReaderが日本で発売され(正確には数年前に1機種あったのだけど販売不振で一度撤退)、購入を考えるけど、まだ自炊を始めていなくてReaderStoreもコンテンツが貧弱だったので見送り
そして、今回のReader T1の発売・購入で満を持してのe-ink初体験
やっぱり書籍を読むのにはe-inkが一番です
SH-07Cで少しだけ青空文庫をPDFに変換したモノを読んでみたけど、筐体の重さ・液晶の輝度の高さから来る目の疲れで読めたモンじゃなかったです
それに比べてe-inkは解像度というかDPIというかPPI(が正解)が紙の本と比べれば低いですけど、それでも十分に”普通に”読めるのです
バックライトは無いので暗闇じゃ読めないけど、そもそも紙の本は暗いところでは読まないので問題ないですし、目が悪くなっちゃうよw
そして画面の書き換えの際にしかバッテリーを消耗しないので非常にバッテリー持ちが良いのです
さすがにWi-Fiを使用したらドンドン減っていくけど、読書だけなら12,000ページ分(だったかな?)だそうで、長編小説だって楽に読み切れますよ
では、写真で外観のチェック
20111026-dscn1666.jpg
色は白を選びました
ベゼルが黒や赤だと画面との明暗差でどうしても画面が暗く見えてしまうことがありますけど、白なら画面がはっきりと見えるようになります
実用面で白を選択した、ということですね
でもベゼルの枠がツルテカで、目障りな反射があるのがいただけませぬ
20111026-dscn1669.jpg
背面は滑り止め加工されています
白だとだんだん汚れが蓄積されて黄ばんできそうなので、時折綺麗にしないといけなそうですね
20111026-dscn1672.jpg
リセット端子・USB端子(MicroB型)・ヘッドフォン端子・電源スイッチと並んでいます
リセットスイッチは付属のスタイラスで押せれば良かったのに
ちなみにちょっと特殊なUSB端子のようで、PCとの接続か純正のアダプターでないと充電が出来ないこともしばしば
汎用のUSBアダプターを購入する時は慎重に(たぶんXperiaの充電対応のものならOKかな?)
20111026-dscn1676.jpg
MicroSDHC対応なのでスロットが剥き出しではなくてカバーが付いています
ちょっと取り出しが面倒だけど、なくすよりは良いかな?
20111026-dscn1678.jpg
e-inkの表示はこんな感じです
何故ドラえもん?という突っ込みは無しの方向で・・・
基本的に、小説関係は2番目に小さい文字で読んでいます
大きすぎると一覧性に欠け、一番小さい文字だとルビの判別が困難になったり多少読みづらくなったりします
20111026-dscn1661.jpg
付属のポーチですが、以外に使い勝手が良くて別売りの純正カバーは必要ないかも
表と裏に板が入っていて、画面の圧死を防いでくれます
それにせっかく軽量に出来ているReaderにカバーを付けると結構重くなってしまうのでカバーも考え物ですね
当分はこれで行きます
それでは良いところ・悪いところを適当に・・・
e-inkなのでバッテリーの保ちは非常に良い
MicroSDHC対応で容量は問題なし(32GBを搭載しました)
e-inkの解像度は600*800なので多少不満はあるけど、小説なら問題ない
Wi-Fi対応なのでReader本体でStoreから書籍の検索・購入が可能
PCと同期すればReader上で購入したコンテンツもPCにバックアップしてくれます
重量も非常に軽く長時間手で持っていてもあまり疲れない重さ
旧型の350と同じ位の重さなのだけど、大きさが違う分密度が違い、T1の方がずいぶんと軽く感じます
旧型の650と比べるとずいぶんと重量が違います
光学式のタッチパネルも反応自体は満足行く反応をしてくれます
画面の書き換えはe-inkなので遅いですけど、慣れれば気にならない
アンドロイドベースなのでアップデートも簡単?にしてくれる?
ブラウザも意外とまともでちょっとびっくり
と、良いことは沢山あり、旧機種を持っている人でも機能の違いで結構お勧めです
ただ、自炊もせずReader Storeから購入している書籍を読んでいるだけなら旧型からの買い替えは微妙かも知れませんね
とくに5インチの350からだと大きくなってしまうし、質感は旧型の方が断然良いです
ただT1の方が一番の目的である読書には適しています
プラ筐体ですから冬場も冷たくないですしね
もちろん不満点もあります
もうちょっと画面の解像度が欲しかった
コミックはルビがつぶれてしまいます
筐体は旧型の金属外装からプラ外装に変わってしまったので安っぽくて反射がイヤん
ページ下部のページ番号が常時表示されるのだけど、消せる設定が欲しい
コンテンツ一覧でサムネイル表示とファイル名での表示が出来るのは良いのだけど、もう少し字を小さくして一覧性を高められるようにして欲しい
と、これくらいの不満点はあります
コンテンツ面では、紙の本とほとんど変わらない
値段付には非常に不満を覚えますが、それでもコンテンツ数が多少増えてきているので欲しいコンテンツも増えてきました
紀伊国屋と楽天の電子書籍もつい先日読めるようになったので更にコンテンツは増えてきていますが、ReaderStoreに関しては毎週500冊くらいの増加だけなのでもっとガッツリ増えて欲しいな
値段の件に関しては日本の出版社の頭がおかしいので割愛します
ちなみに電子書籍の購入について個人的には、現状Reader Store一択かな?と考えています
ガラパゴスは書籍点数は多いけど既にオワコン、その他の書店もReaderStoreに吸収というかReader対応になっていくのではないかな?
電子書籍で一番怖いのは購入した書籍がいつか読めなくなってしまうかもしれない?という不安です
それを気にしていると結局は自炊になるんですけどね
ちなみにAmazonのKindleが年内にも日本上陸というニュースを見てから購入しているので、色々なことは承知済だし、Kindleが上陸したらKindleもきっと買いますよ
でもKindleが成功するとは限らないのが怖いところですが・・・
自炊用として解像度が高いe-inkを採用しているiriver Story HDも考えていたのですが、購入しようと思ったらセールが終わっていたりヤフオクで販売している人も販売しなくなったりで時期が悪くなったのでとりあえずは見送りです
いやぁ〜、電子書籍は良いな♪
でもAndroid用のReaderアプリを他のアブレット等にも開放して、マルチデバイス対応にして欲しいな
そうすればコミックもReader Storeから購入する気も起きるのだけど・・・
これに関しては強く要望したい

自炊環境の整備完了

購入からしばらく時間が経ってしまいましたがスキャナーと裁断機の購入完了です
20111001-dscf0862.jpg
スキャナーは一時期、新機種のCanon DR-C125と迷いましたが、やはりCISよりCCDが良いので超定番のScanSnap S1500にしました
重送についてはDR-C125の方が性能が優れているようなのですが、カラーの読み込みの際の品質が段違いにS1500の方が良いのが決め手
もちろんAcrobat9が付属というのも大きな一因ですけどね
お値段はほぼ最安値に、Yahooのポイントが合計25倍付く日に購入したので実質は結構安くなります
20111001-dscf0858.jpg
裁断機は定番の「Plus PK-513L」、「カールのディスクカッター DC-210N」、「大型裁断機ペーパーカッター 書籍断裁可(通称中国裁断機等)」の3種類からの選別になりましたが、ここはコストパフォーマンスで抜きん出ている中国製大型裁断機にしました
コストパフォーマンスもさることながら、一度に裁断できる量も段違いで、思いの外良いのです
もちろんやり方によっては裁断面が斜めに裁断されることもあるようですが、これはPK-513Lでも起こる(頻度は違うけど)ので、後は工夫次第かな?と
品質は・・・まぁ・・・ギリギリ及第点ですが、良く考えてみると欲しいのは裁断した本じゃなくて自炊した電子データですから、裁断なんて手間さえ掛からなきゃ何でも良いわけですよ
よって一度に沢山裁断できる中国製裁断機はうってつけ
開封後はちまたでのレビュー通り多少は油臭かったですが、丁寧に拭いたりするとその内少なくなってきます
錆防止の為に刃にも油が塗ってあるので、慎重に刃を拭いたり試し切りするなどして刃を綺麗にしておかないと裁断した際に、裁断した本に油が付着して泣けますよ
非常に良く切れる刃なのでくれぐれも怪我には注意してください
刃をおろすバーは結構力を入れないと動かないですし、ロック機構もありますけどね
注意点としてはここで挙げた3機種の中でも圧倒的に重いという点です
頻繁に出し入れするのには向いていないし、スペースも取りますし、移動するのには多少腰に注意しないといけない位の重さです
場所や重さでお困りの方はカールのディスクカッター一択でしょうね
これで念願の”自炊する環境”は整いました

docomo SH-07C レビュー

20110918-dscf0865.jpg
※これがホーム画面・・・
先日購入したSH-07Cの簡易レビューです
■ハードはなんとか及第点
画面サイズは5.5インチで、文庫にはちょうど良くコミックには多少小さい画面サイズですが、7インチになると今度は嵩張ってしまうので絶妙なサイズといえます
基本的には全て片手で行えるサイズであり、両手で操作しても窮屈にはならないサイズ
20110918-dscf0878.jpg
※真ん中がトラックボールで意外に使い勝手が良いよ
ハード関係では電源スイッチ・戻るボタン・トラックボール(クリック有り)・ホームボタン、USBMini端子とヘッドフォン出力があります
トラックボールが意外に使い勝手が良いのですが、操作感については多少難有りです
小さいトラックボールなので転がしているかどうかがちょっと判りづらい点と、クリックに結構力が要るという点です
メリットとデメリット、どちらが上回っているかと言われるとメリットが上回っていますけどね
これらは「目の付け所がシャープ」なのですが・・・「目指してる、未来が(一般的な消費者とは)ちがう」のですよw
20110918-dscf0867.jpg
※ガラパゴス・・・
■電子書籍端末としては結構良いのでは?
SH-07Cではガラパゴス専用端末としてTSUTAYAガラパゴスへのアクセスができ書籍を購入・閲覧でき、PDFも閲覧できます
hontoが提供する2dfactoにもアクセスでき、ここでも書籍の購入が出来ます
これが本来の使い方です
余談ですが、docomo(他社でもOK?)のSIMカードを一度挿した状態で2dfactoにアクセス(wi-fiでも可能)して機種登録おけば、それ以降はSIMカード無しのwi-fiのみで2dfactoとTSUTAYAガラパゴス共にアクセス可能です(保証はありませんが)
TSUTAYAガラパゴスは最初からwi-fiのみでOKですけどね
20110918-dscf0872.jpg
※青空文庫から銀河鉄道の夜をわざわざChainLPにてPDF化(PDF直接出力)した物を表示
 ちょっとフォントが潰れていて解像度の限界かと
20110918-dscf0876.jpg
※こちらはJコミのラブひな
 そのままのPDFをぶち込むとくっきりと表示できないのでPDFdietにてJPEG化してからChainLPにて1200*2048(解像度2倍)のPDFで出力するとくっきりしますがさすがに小さい文字やルビは潰れます
PDFが読めるので色々な自炊書籍をガンガンぶち込んで持ち運べるのですが、これがちょっと残念仕様です
自炊は別アイテムでそのうち書くとして、変換自体はchainLPで行えばいいので簡単・スピーディーですw
転送はガラパゴスステーションにファイルを登録して同期する形を取るのですが、これもまぁ良いとします
それをSH-07Cで表示させる時、一番最初に出る本棚ではなくブックシェルフ内のマイリストというところで表示されるので、目的の書籍を表示させるまでに手間が必要です
そして今のところ使用していないので余り気にしていませんが、jpegやgif等ですらガラパゴスステーションで変換が必要というあり得ない仕様
もちろんですが、ZIPで纏めてあるJPEGファイルなんて読み込めるわけがありません
動作については多少もっさりという表現が適当かな?
決してサクサクは動きませんが、電子書籍リーダーとして見た場合にはそれほど不満は感じません
■やっぱりボロボロと出てくる欠点
致命的な欠点が個人的には2点ほどあります・・・
まず1点目は、とっても大切な電池の持ちが悪いのでムッキー!となりそう
wi-fiがONだったら3時間か4時間位しか連続使用できないでしょうね
iPad2が10時間くらい持つので、この差はいかんともしがたいです
しかも本体下部(手で良く持つところ)があつくなってくると言う素敵仕様
2点目はまともに同期(PCで認識)してくれないのです
Windows7 64bitですが、USBでPCと接続してもSH-07Cを認識してくれないことがほとんどです
デバイスマネージャーを見てもエラーになっていて、PCの再起動をしてもSH-07Cの再起動をしても、USBのポートを換えてもいっこうに変化無し
時々認識に成功することもあるのだけど、次回はやはり駄目になってしまう
条件が判らないのだけど、背面のリセットボタンを押してから再起動してみた時はすんなり繋がりましたが何故かUSB1.0接続にw
他のPCとは接続していませんがちょっと酷いかも
20110918-dscf0883.jpg
※設定画面・・・
おっと忘れるところでした
端末の登録台数とかが細かくて訳わかめです
どういう条件の時だったか忘れましたが、Windowsの別のユーザーを作らないと駄目とか、なんて使い勝手が悪いんだw
■ガラパゴス端末だけではなくタブレットとして使える?
他の使用用途としてはブラウザーがきちんと搭載されているのでブラウザを使うくらいですか
実質アンドロイドとはいえ、本家のようなアップデートがあるわけでもないので出来ることは1.書籍を読む 2.ブラウジング くらいですw
しかもそのブラウザはスムーズにスクロールすら出来ませんのであしからず
メールはウェブメールくらいなら使えますがPOPすら使えませんよ
設定もかなり簡素で、設定を弄る楽しさも一切無いのでいじり倒したい人は他の端末の方が良いでしょう
本来の使い方をするだけならそれほど不満のない端末です<安いし
■買いかと言われると
微妙な端末ですし、投げ売りされていたのが良く分かります
ただのビューワーなら結構使えますが、それすらもちょっと微妙であり、その他の点については使用すら出来ないので何とも微妙な端末です
おいらみたいに遊びとかカラー液晶搭載のPDFビューワーとしてなら結構使えますよ!

電子書籍 始めました

とうとう電子書籍専用端末を購入しました
といっても”まずは”docomo SH-07C(ガラパゴス)ですw
昨日SHARPがガラパゴス端末の出荷を終了する旨のアナウンスを出しましたが、これの意図するところは「専用端末の販売だけ止めますよ!」ということ
以前は専用端末のみ使用可能でしたが、アンドロイドアプリも出たことで専用端末は重荷になったのでしょう
ツタヤガラパゴスはそのまま存続させるらしいので、全うに電子書籍を購入したくなったら一応SH-07Cからでも買えます
E-Ink採用の物はReaderの新型が出たら購入します
ちなみにSONY Readerが本命で、SH-07Cはお遊びです
簡単にSH-07Cの説明を
基本的にはシャープのガラパゴス5.5インチの物と同じです
アレに3Gが付いた物ですが、もちろん3Gなんぞ使わずにWi-Fiのみでの運用です
ツタヤガラパゴスやDocomoの2Dfactoにも期待はしていませんので自炊専用端末+青空文庫リーダーとして考えています
ただし、Readerは小説・ラノベであり、SH-07Cはコミックや雑誌等の端末として使用する予定で、使用方法を分けるつもりです
コミックもReaderになるでしょうけど・・・
iPad2という選択肢もあるのですが、高いし重いし気軽に持ち運べないので現時点では候補から外れています
ただiPad2自体は良い端末だと思うし、タブレットではこれしかないと思える端末なのですが、3G回線がないと勿体ないし、iPhone4も有るし・・・となるとなかなか購入までは行かないのですよ
まずは自炊の準備にスキャナーとかが必要になりますからね
ということでSH-07Cなのです
どういう事かというとまずdocomo等にて投げ売りで激安であり、0円で契約と一緒に買っても良いのですが、ちと面倒なのでヤフオクで調達です
6,000〜9,000円くらいで買えるのでなかなかリーズナブルな端末!となるのです
そして5.5インチという絶妙な画面サイズです
GalaxyTabだけは現状絶対に購入しませんが、色々な理由を除いてもあちらは7インチであり、ちょっと重いのです
片手で持つのはちょっと・・・という重さ
それに対してSH-07Cは意外に軽量であり、「片手での操作がしやすい」というのがメリットです
読書用にきちんと考えられた端末、ということがこの辺で威力を発揮しているのかな?
解像度も600*1024と結構な情報量があり、コミック用に良いかな?というのが購入のポイント
もちろん値段が第一ですがw
もちろん悪い点もあり、データの転送にガラパゴスステーションを通さないといけないという素敵仕様
jpegもgifも同ソフトを使用して変換しないと表示できない素敵仕様
でも基本的にPDFは変換が必要ないので、PDFビューアーと考えているおいらにとってはこの辺は余り問題じゃありません
本家ガラパゴス端末は、先日のアップデートでアンドロイド2.3搭載のタブレットとなったわけですが、別にアンドロイド端末もそれほど重視していない始末ですからこのSH-07Cでも現状は役に立つわけです
ふむ、使い方によってはなかなか優れものです
でも本家ガラパゴスみたいにAndroidへのアップデートを期待しちゃいけませんよ?

そろそろ自炊の時期かな?

自炊と言っても料理じゃなくて電子書籍の自炊ですよ
我が家にはコミックがたぶん400か500冊くらいに文芸小説も100冊くらい、ラノベも普通に読むので200冊位埋蔵されているわけですが、やはりだんだんと収納に困ってきている今日この頃です
本を読むのはいつでも読んでいるワケじゃなくてけっこう波があり、読む時には一気に10冊以上は読むのに読まない時はとことん読まないので積み本がドンドン増えていくのです
ちなみに小説では京極夏彦なんて分冊化文庫本じゃないと外で読めないし、家で読むにしても難儀します(持っているのは凶器としても使える方です)
ラノベだったらその内読みたいと思っている境界線上のホライゾンなんて京極夏彦に負けず文庫本と言うよりは凶器ですからねw
こういった分厚い物はスマートに読みたい
そこで以前ちょっと考えた電子書籍化ですね
裁断機で裁断してからScanSnap S1500にて連番jpg化もしくはPDF化して、ChainLPにて最適化という行程になります
青空文庫を使用したりして試しに変換してみましたがこれまた結果が良好だったのです
本当はきちんと電子書籍として購入して作者に還元したいのですが、今の日本の電子書籍事情は最低ですから
各社でサイトを乱立させて権利関係もぐちゃぐちゃなために電子化されている書籍なんて一部です
しかも値段が高いので全然メリットが無く、それだったらやっぱり自炊の方がDRMとか気にせず使用できるのでメリットが大きいんです
ということで再度電子書籍を導入するか検討中です
こうなると一気に電子書籍リーダーが欲しくなるのですが、ちょっと待て!今は時期が悪い!となってしまうわけです
Kindleは4の話が出てるしReaderにしても10月頃に新型が出るようで(日本では正式発表が無いけど)、旧型のReaderにしても8月でキャンペーンが終わってるし・・・
どうしたもんだか・・・