TEAC REFERENCE A-H01 が到着したよ!

先日からようやっと本格的に始めたデスクトップオーディオですが、肝心要のUSB-DAC内蔵プリメインアンプが届きましたぞ!

お値段23,000円でしたが、実はTポイントが沢山あったので6,000円くらいで買っています

DSC_8661

はじめてTEAC製品を買いましたが、スタンダードなREFERENCE A-H01のブラックモデルを導入しました

デスクトップオーディオですから、サイズが小さい、色々と繋がる、192KHz/24bit対応は必須でDSDまでは無くても良いかな?という丁度いい落としどころと、発売からそれなりに経過していて結構底値まで落ちているというところが気に入っての購入です

ゲーム機関係の接続用にOptial-Inがあるって言うのも大きいですよ

さすがに、今のPC周りにでかくて重いフルサイズのアンプや高価なUSB-DACなんて導入できるはずもないのも間違いないのですが・・・

DSC_8666

今のPC周りの現状です。

見られても恥ずかしくないようにモニター周りだけ片付けて写真を撮りましたが、この周りはカオス状態ですw

実はこの左には、SONY HW700DSだったりHZM-T1だったりのレシーバーがあったり、棚にゲーム機が満載だったりですごいんです!

この状態を見て貰えれば、A-H01とかOlasonic NANOCOMPO、果ては中華デジアン程度しか置けないのもわかって貰えると思います。

DSC_8669

ちなみに、A-H01導入前は↑のDifiFiのおまけアンプ(赤基盤)を使用していました

Zensor1導入前は奥のUSB-DAC付きヘッドフォンアンプのプリアウトから1枚目の画像に写っているTIMEDOMAIN Lightを接続していました

肝心要の音は、まだまだアンプのエージングが終わっていない状態ですし、Zensor1のエージングも終わっていない状態なので本来の音ではないですが、音の分離がよくなり、全体的な鳴り方が繊細になり細かいニュアンスまでわかるようになりました

全体的にワンランクは音の室が底上げされています

特に一部女性ヴォーカルで、すごい違和感(掠れたような声だった)を感じていたのですが美声になりました

でも低域の分離はあまり良くなく、ちょっと団子になっているかな?

 

色々と求めてしまうと、値段的に3倍程度は覚悟しないといけないと思うので、現状はこれでとても満足しています

久しぶりのマウス

もつ数年間も愛用していたMX510のボタンがご臨終になったので久しぶりにマウスを買い替え
同じくLogicoolのG300デスよ
左右対称のデザインで小さめのマウスです
これが非常に使いやすくてお気に入りですよ
ちなみにYAMADAの特売、1980円也w

20120504-165508.jpg

GTX480を使い始めて・・・色々

GTX480を使い始めて数週間ですが、それなりに快適に使っています。
ゲームを起動していると一気に80度くらいまであがり、最終的には90度に達することも多々ありますが、言われていたような爆音ではないのが救いです。
なんだか初期?サンプル?の物と製品版では多少ファンが違うとか何とかで、静かになっているそうですね。
おいらのは8800GTXの全開状態と同じくらいの騒音で、8800GTXよりは多少静香かな?という感じです。
本格的なベンチマークは特段行っていないので、一番負荷の掛かっている状態がわかりませんが、想像よりは前々静かですね。
密閉型ヘッドホンをしていても騒音が聞こえるなんて事は無いです。
性能については、CPUがボトルネックで性能を出し切れていないのが悲しいかな。
BatmanAAでは2560*1440の解像度・全て最高設定・PhysXのHigh設定で平均40fpsくらい。
こちらはアクションなのでプレイには問題ありません、が、せっかくのビデオカードなのだからぬるぬるプレイwをしたいです。
F1 2010に至っては2560*1440の最高設定にすると平均26fps位。普通にしても28fps位。解像度を1280*720にしても32fps位という感じです。
ビデオカードはせっかく良いのにCPUが完全にボトルネックになっているようで、負荷を変えてもそれほどFPSに影響しない状態です。
う、うぅむ・・・
とりあえずQ9650あたりでお茶を濁すしかないか・・・。

GTX480 取り付け完了

20101020-DSCF1116.jpg
懸念されていた電源ですが、BlogをさかのぼってみるとSeasonicのM12で700wありました。
そしてPCI-Eの6pinの出力が4本あり、2本のケーブルから2本づつの計4本という構成でした。
オウルテックのサイトを見るとPCI-E 8pinのケーブルが付属と記載してあったのですが、なにぶんおいらのは初期の物なので付属されていないようでした。
そこでヨドバシに寄ってみたらこの8pinのケーブルが売っていたので無事接続完了です。
持ってて良かったまともな電源!!
ちょっと気になっていたボード長ですが、8800GTXと比べると同サイズ(上の画像参照)という事はわかっていたのですが、実際に取り付けてみると厚みがちょっと問題にw
HDDが干渉していたので1台ほど移動させ、サウンドブラスターも熱が怖いので下の方のPCIに接続しました。
以前のドライバーをアンインストール
セーフモードで再起動(Windowsの変なバーが出ているときにF8でメニューに)
ドライバークリーナー(Guru3Dのやつ)で旧ドライバーを完全削除
GTX480を取り付けドライバー導入
という手順で取り付け完了。
FF14のベンチはHighでもぬるぬると動いていてちょっと感動しましたけど、CPU依存度の高いFF14ベンチではHighで2700程度のスコアしか出なくてガッカリ。
やっぱり物によってはC2DとPCE-E 2.0に対応していないことも大きいかと痛感。
実使用では、Oblivionもかなりぬるぬるになりましたけど、データの読み込みでカクカクすることしばし。このカクカクは致し方ありませぬ。
でも、設定はAAは使用しませんけど、その他の設定はかなりの高設定でもぬるぬるで快適になりました。
Lightgrassとか入れていない草も、沢山生えています。
DragonAgeは最高設定で40fpsから50fps強といったところです。
F1 2010は時間が無く試していません。
ちょっとfpsが低い気もしますが、2560*1440という解像度と言うことはお忘れ無く。
1920*1080とか1920*1200だったらGTX460とかでも良かったのですが、高解像度での落ち込みが少ない物が欲しかったのでGTX480にしたわけですからね。
懸念されていた温度はGPU-Zで確認するとFF14ベンチ1回では最高88度程度。
それでもFANのスピードは60%程度で収まっていましたが、この状態での騒音は全く気にならない程度ですね。
8800GTXは長時間ゲームをしていると結構な音がしていましたけど、果たして長時間使用したときの騒音はどうなのか?
エアフローになるべく気を遣っているけど、基本的には密閉型のケースでエアフローがあまり良いとはいえない状態で、熱は大丈夫なのか?
ちょっと心配です。

GTX 480 購入完了

20101020-DSCF1110.jpg
HD6XXXシリーズの発表間近(もしかしたら数時間)なのにビデオカード買ってきました。
さすがに、これから型落ち→価格改定コンボのRadeonは買いませんでしたけどね。
色々と悩んで、GTX470を買うつもりが結局店頭に行ったらPalit GTX480を買っちゃったわけです。
本当はPalitのツインファン搭載のGTX470が良かったのですが、やっぱりどうやっても470と480には超えられない壁が存在していたので・・・。
数年前のC2D環境にGTX480なので釣り合わないのですが、個人的な考えではその時のかなりの性能の物を購入して、数年で買い換えの繰り返しなのでやっぱりこれで正解?
さて、問題もあるわけですけど、600w電源できちんと動くのか?その前に8pinあったっけ?という非常に重要な疑問がぁ!!
そしておいらのGTX480もそのあまりのファンの騒音で離陸寸前になるのか?
まさか、エアフローが悪くて発火なんて事に!?
これからの時期、本気で暖房代わりに良いかもしれませんね。
意外とエコなGTX480!!!! ※1
※1 PCと暖房機器(電気ストーブ)よりはPC1台で暖房代わりになった方がエコという勝手な考えに基づいています。

モニターアーム考察

以前から気になっているモニターアーム。
お安い物からお高い物まで多々ありますが、頻繁に動かすわけではないのでお安い物が欲しい。
20100917-87173-0.jpg
となると上海問屋のモニターアームになるわけですが、今狙っているのはDN-ARM192Lという1台用のアームを2基欲しいですね。
ちなみに耐荷重10kgまでで、アーム長は56cmもあります。
U2711は重量7kgほどあり、耐荷重はOK。
T221は重量が10kgほどあり、耐荷重はぎりぎりなので一抹の不安が残る。
なぜ今モニターアームなのかというと、ワイド液晶2枚になったことで、今までの3枚のような使い方が出来なくなったから、というのが一番大きいです。
メインで使っているU2711が座っている場所からどうしても右側にオフセットされてしまい、ちょっと見にくいのですよ。
そして、U2711がなるべく見やすいように設置してるためにT221はさらに見辛くなっているわけでして・・・。
しかもT221はモニターに近づかないとその解像度から細かい判別が無理というのもあるわけです。
使用用途によってT221をぐいっと前面にせり出したり、通常の使用ではU2711をセンターの持ってきたい、など、複合的な要因によりモニターアームが欲しくなっているわけです。
ただし、おいらのデスクはたしか奥行き90cmほどあり、モニターの後ろには奥行き20cmくらいのメタルラックを設置してあるのではたしてうまくいくのかどうかが問題になってくるわけですが、これはきっとクリアできると思います。
一番の懸念事項は、特にT221という耐荷重ぎりぎりのモニターを取り付け、その上最低でも支柱からアームを30cmは離さないといけないだろうと思われる点ですね。
常時10kg(T221)もしくは7kg以上(U2711)の重量物を支えである支柱から離して使用して、お辞儀しないのか。
そして机は大丈夫なのか?(厚さが5cmくらいある比較的しっかりした机なので大丈夫だと思うけど)
うまくいくと思うのだけど・・・。
ポチッとしちゃおうか・・・。

Logicool G35 ヘッドセット

20100913-DSCF1037.jpg
調整用のパッドはなかったけど、そこそこきれいなLogicool(Logitech)のG35ヘッドセットを発見してしまったので購入しました。
お値段980円也
今まではオーテクのオープンエアーのヘッドフォンを使用していました。
そして980円で見つけたG35を、ものは試しと思って購入&使用してみたら意外といいですね。
密閉型なので寝室で使用しても音が漏れず、音質はそこそこでヘッドセットにもなる。
そしてバーチャルサラウンドなので、いろいろと使い道もあるってモンです。
ただし、サラウンドの音源でのバーチャルサラウンドはまだ試していないので、こちらに関しての実力は如何ほどか。
ちなみに、ヘッドセット訳ですからマイクもあり、このマイクがノイズキャンセリング仕様というのも良いところです。
このマイク部分はハウジングに沿って収納でき、収納しているときはマイクをミュートにできます。
出してあってもミュートボタンがあるため、すぐさまミュートも出来ますし、マイクの先端にあるLEDでマイクのON/OFFが視覚的に認識できるのも私生活を守るためには重要な事柄です。
思いの外安く手に入れた割には満足度が高いです。
後は破損の報告が結構あるようなので、その辺だけは注意しないといけませんね。

HDD増量 2TB

今現在、メインPCの整備を色々と行っているわけですが、それに併せてデータ保存用の倉庫にWD20EARS-00MVWB0を購入してきました。
回転数は5000rpmと低速ですが、省電力で発熱も少なく、部品も少ないため故障も少ないだろうと思っていましたが、購入した後に色々と曰く付きの物であることが判明。
低速病という言葉を久しぶりに聞きましたが、その低速病が発生することがあるらしいです。Windows7だと頻度は少ないようですがそれでも発生するらしい?
久しぶりにWDのHDDを購入しましたけど、やっぱりSeagateとかHGSTとか買っておけば良かったかな?
以前購入したWDのHDDは、ブーンブーンととても耳障りな音を発生させていましたし。
そして、旧PCから1TBのHDDを移設し、いろいろとやっていたら旧PCが起動せずw
前々動いていないわけではなく、HDDも動いているのですが画面が一切映らない。BIOS画面もです。
果たしてどうしたもんだか・・・。
メインPCは160GB、320GB、1TB、2TBのHDDになりました。
これで当分の間は容量不足は解消できそうですが、やっぱりBDとかでバックアップをしないとすぐに満タンになっちゃうかな・・・。

液晶モニター 総入替 IBM T221編

第一弾はDELLのU2711という液晶モニターでしたが、第二弾は変態モニターです。
20100710-DSCF0768.jpg
設置してみたら上下の高さがU2711とほぼ同じだった模様。
購入した物はIBM T221-DGPというモニターです。
結構前から存在は知っていたのですがあまりに高価だったため手が出なかったのですが、結構前に官公庁とかの中古が市場に一気に流れたため、今では数万円という安価で購入することができます。
ちなみに、今回は29,800円で送料込み+ヤフーポイント21倍程度付与予定なのでそこそこのお値段で買えたのかと。
このモニター、数年前のとある2chの掲示板を見ているときに、秋葉のお店で中古が10万円か20万円台で販売されているぞ!という情報があり、はるばる静岡あたりから新幹線に乗って買いに行く!と宣言していた人がいたほどのモニターです。
おいらが存在を知ったのはそのときですね。
数年前のモニターになりますが、その当時の定価は2,980,000円という値段だったため、古い機種とはいえその品質は折り紙付きです。
そしてなんと言ってもこのモニターの特徴は3840×2400という圧倒的な解像度!
一般的な1920×1200(もしくは1080)の液晶の実に4枚分というド変態モニターです。
インチとしては22インチ程度で200dpiという超高精細なモニターなので、紙に印刷された物と同じ程度の品質で表示できるという代物。
もちろんIPS液晶採用で、表示品質はなかなかの物。
用途としては通常での用途は一切考えておらず、基本的には写真の現像やら鑑賞のための購入となっています。
デジカメで言うと920万画素な訳ですから、以前の600万画素なら等倍表示でも余裕で余り、1200万画素ならあまりスクロールせずに表示できるわけです。
これだけの解像度で、しかも22インチという極小インチからくる200dpiでは、通常使用なんて逆に疲れるだけです。
惜しい点としては、応答速度が62msでゲーム用途には無理があり(元々想定していませんが)、リフレッシュレートが最大で48Hz(モデルにもよります)です。また最大の難点はその特殊な接続方法です。
簡単に言えばシングルDVI1本で13Hz、2本で25Hz、3本で38Hz、4本で48Hzという感じなのですが、モニターへの入力は特殊ケーブルで、しかもその特殊ケーブルへの入力はシングルDVIでないといけないので48Hz出力を目指すならシングルDVIが4出力必要になります。
デュアルリンクDVIを直に入力することができないから悩ましいのですけどね。(自作ケーブルとかコンバーターBOXは別です)
48Hz駆動を目指すか、13Hz駆動もしくは25Hz駆動で画像のみしか取り扱わないにするかは、少し時間を見てから考えます。
そして、接続方法にもよるのですが、その接続方法のため、1920×1200の4画面や1920×2400の2画面として認識されてしまうため、壁紙やウィンドウの最大化等で面倒なことが起きたり、4画面や2画面を表示することの関係から遅延が発生するのか、少し表示の速度が遅く感じたりする点ですかね。
この辺を解消するにはRadeonのどんな機能か忘れましたけど、ビッグデスクトップの機能を使用すれば解消することもあるとか無いとか・・・。
詳しい使い方等は他のサイトで詳細に解説されているのでそちらを参照されたし。
このモニターは、さすがに特殊なモニターであり、かなり古い物なのでモニター自体の厚みが7cm程度あり、重量も10kgとかなりのメタボです。が、厚みが7cmと言うことはモニターの上に小物が置けますねw
となみに、GF8800GTXに接続していますが、なぜか映りません。
EDIDも色々と試していますが、GF7800GTXの方では問題なく映るのにGF8800GTXでは映らない不思議。
ちょっと検証が必要ですね。

液晶モニター 総入替 DELL U2711編

ふと思うところがあったので、液晶モニターを総入れ替えしてみました。
今まではゲームでのトリプルモニターのために20,1インチの3画面で過ごしていましたが、PCゲームをほとんどやらなくなったことや、いい加減HDCP対応やワイド画面、高解像度、HDMI対応、ディスプレーポート対応の液晶が欲しくなってきたのがふと思うところだったのです。
第二弾もあるのですが、第二弾の方はまだ到着していないので掲載せず。とりあえず第二弾のモニターは変態モニターです。これだけでわかる人にはわかるかも。
20100709-DSCF0753.jpg
でっかい箱です。
で、第二弾は変態モニターのため、第一弾は通常使用のまっとうなモニターです。
よってDELL U2711です。
27インチの2560×1440というなかなかの高解像度で、通常使用にはもってこいの液晶ですね。
以前はDELLの30インチの解像度2560×1600の液晶を真剣に考えたことがありましたが、店頭でMacの30インチの物を試用して見た限りでは画面が大きすぎて、端を見るのに振り向かなければいけないほど大きく、疲れそうだったので止めた経緯があります。
高価だったために断念したんですけどね、とも言います。
アスペクト比が16:10ではなく16:9になってしまうのが残念なのですが、十分な解像度に上質とまではいえないけど要求は満たしてくれる品質のIPSパネルを採用していて、そしてお値段55,800円で購入できたのでポチッとしました。
購入に関しては法人名義での購入ですけどね。
入力も豊富にあり、設定関係も一通り不満が無くできるようなので、現状ではベストバイといっても過言ではないかもしれません。
惜しむらくはLEDバックライトではなく、その上消費電力が意外とある点くらいです。
そしてDELLの伝家の宝刀ギラツブ液晶という点でしょうか。
でも、このお値段でこれだけの質の液晶なら全然気になりませんけどね。
20100709-DSCF0763.jpg
設置した状態。左側は暫定設置の20.1インチUXGA液晶。
さて、今まで使用していたゲームPCにWindows7をインストールして、通常に使用するPCにするべく作業を進めていますが、こちらはメインPCの引っ越しのため時間が掛かりそうです。
そして予想される問題は、DVIのデュアルリンクで接続しないといけないために発せする問題。
それは、PC切替機のcorega CG-PC4UDAがDVIのシングルリンクにしか対応していないと言うことです。
切替機の替え時かなぁ、と安易に考えていますが、これがまたきちんとしたやつは実売で3万円程度なので非常に高価なのです。
ふぅ・・・。